藍鉄色/Aitetsu-iro/#003A47/

910日の誕辰和色

藍鉄色

占い結果

日本語版
特徴1特徴2インスピレーションワード
いつも元気人と違っても平気水飴
英語版(English version)
Characteristic 1Characteristic 2Inspiration Words
Always in good spirits.I'm not afraid of being different.starch syrup
中国語版(中文本)
特征1特征2鼓舞人心的话语
始终保持着良好的精神状态。我不害怕与众不同。糖浆

【インスピレーションワードとは】あなたの直感の元となるワード、閃き、発想が刺激されるワードです。(宣託師:白龍恵子

誕生日の色が知りたい方は⇒「誕辰和色」へ


BIRTHDAY FRAGRANCE

色の説明

藍鉄色(あいてついろ)とは、緑みを含んだ濃い青色のことです。『紺鉄 こんてつ』『鉄紺色 てつこんいろ』ともよばれ、『藍色 あいいろ』の変異色の中でも暗い部類に入ります。

茶系や鼠系が流行した江戸時代ですが、藍色もまた「江戸前」の色として広く愛好されており、そのため『藍』がつく色名も数多く生まれました。『藍鉄色』もそんな人気の藍色に『鉄色 てついろ』を組み合わせた、いかにも江戸時代らしい渋好みの色になります。

江戸時代に生まれた『藍』が付く色名には、流行色の『鼠色 ねずみいろ』に藍を合わせた『藍鼠 あいねず』や古くからの色名『鳩羽色 はとばいろ』に藍を合わせた『藍色鳩羽 あいいろはとば』などが有名です。

-読み:あいてついろ-

関連する色の紹介

[Explanation of a color]

The Aitetsu-iro, is the dark blue that contains the green body. It is also referred to as “Kontetsu” “Tetsukon-iro” to enter the dark category among the mutation color of “Ai-iro”.

Edo era of brown and gray-based system was popular, but the indigo has also been lovers widely as the color of the “Edomae”, was born many also color name to get its for “藍”. “Aitetsu-iro” is also a combination of the “Tetsu-iro” to such popular indigo, it will indeed Edo era seems the bitter taste color.

The color names that stick is “藍” was born in the Edo period, the combined indigo in trendy color “Nezumi-iro” color name from the combined indigo “Ainezu” and old to “Hatoba-iro”, “Aiirohatoba” such is famous.

-read: Aitetsu-iro-

サイト運営者からのお願い

このサイトが気に入った役に立ったと思われた方は、Amazon・楽天で買い物をする際はぜひ下記のバナーをタップしてからお買い物をお願いいたします。

こちらからお買い物をしていただきますと、私に価格の1%相当のポイントが入ります。もちろんその分、高くなるようなことはありません。

いただいたポイントは今後のサイト運営のための書籍代運営費モチベーションにつながりますので、ご協力いただけますと嬉しいです。

Post navigation


Pinterestでシェアする際にご利用ください。

藍鉄色(Aitetsu-iro)
別パターンの藍鉄色画像はこちら

注意事項

表示されている色(RGB値)は色の名前に対するおおよそものです。色名によっては広範囲の色を指す場合や文献・書籍等によっては解釈が異なる場合もありますのでご了承ください。 ご利用の環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。

印刷などに伝統色を利用したい場合は、DICグラフィックス株式会社から発売されている日本の伝統色シリーズがオススメです。

DIC 日本の伝統色 第8版


タグ:江戸の色

この伝統色名が気に入ったらシェアをお願いします

この記事のタイトルとURLをコピーする

「藍鉄色」関連の商品

楽天市場での商品検索結果7件ご紹介します。

着物の買い替えをお考えなら、まずは高く売りましょう!藍鉄色の着物を売る。着物買取情報はこちら!


参考にしている書籍

▲ページの先頭へ戻る