月白(げっぱく)とは?|Geppaku|#F6F7F8

810日の誕辰和色

月白

占い結果

日本語版
特徴1特徴2インスピレーションワード
人を束ねていける恩着せがましくないジョギング
英語版(English version)
Characteristic 1Characteristic 2Inspiration Words
I can bring people together.not to be condescendingjogging
中国語版(中文本)
特征1特征2鼓舞人心的话语
我可以把人们聚集在一起。不卑不亢慢跑

【インスピレーションワードとは】あなたの直感の元となるワード、閃き、発想が刺激されるワードです。(宣託師:白龍恵子

誕生日の色が知りたい方は⇒「誕辰和色」へ


BIRTHDAY FRAGRANCE

色の説明

月白(げっぱく)とは、月の光を思わせる薄い青みを含んだ白色のことです。色名の月白を「つきしろ」と読むと、月が東の空に昇るの際に空がだんだん明るく白んでいく様子を指し、特に月見客が十五夜を待ち焦がれる思いを表現しました。また「月代 つきしろ」とも書かれ「三秋 さんしゅう」の季語にもなっています。

和色の中には『純白』『胡粉』『乳白色』『銀白色』『卯の花色』など白を表す様々な色名がありますが、そんな中でも月白は文学的で風流さを感じさせる色名です。

-読み:げっぱく-

関連する色の紹介

[Explanation of a color]

The Geppaku, it is a white that includes a thin bluish reminiscent the light of the moon. When the moon white color name read “Tsukishiro”, moon refers to how the sky is going in Shillong gradually brighter during the rise in the eastern sky, especially moon customers made to express the thought that long for a night with a full moon. It is also the season word of also “month bill” also written “three autumn”. Some of the sum color There are various color name that represents the white such as “Junpaku” “Gofun” “Nyuuhakushoku” “Ginhakushoku” “Unohana-iro” but, Tsukishiro is the color name that you feel the literary and elegance of. addition, the “lilac” the mauve of redness, has been used as a “blue mauve” the mauve bluish routinely.

-read: Geppaku-

サイト運営者からのお願い

このサイトが気に入った役に立ったと思われた方は、Amazon・楽天で買い物をする際はぜひ下記のバナーをタップしてからお買い物をお願いいたします。

こちらからお買い物をしていただきますと、私に価格の1%相当のポイントが入ります。もちろんその分、高くなるようなことはありません。

いただいたポイントは今後のサイト運営のための書籍代運営費モチベーションにつながりますので、ご協力いただけますと嬉しいです。

Post navigation


Pinterestでシェアする際にご利用ください。

月白(Geppaku)
別パターンの月白画像はこちら

注意事項

表示されている色(RGB値)は色の名前に対するおおよそものです。色名によっては広範囲の色を指す場合や文献・書籍等によっては解釈が異なる場合もありますのでご了承ください。 ご利用の環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。

印刷などに伝統色を利用したい場合は、DICグラフィックス株式会社から発売されている日本の伝統色シリーズがオススメです。

DIC 日本の伝統色 第8版


タグ:自然の色

この伝統色名が気に入ったらシェアをお願いします

この記事のタイトルとURLをコピーする

「月白」関連の商品

楽天市場での商品検索結果8件ご紹介します。

着物の買い替えをお考えなら、まずは高く売りましょう!月白の着物を売る。着物買取情報はこちら!


参考にしている書籍

▲ページの先頭へ戻る