褐色(かちいろ)とは?|Kachiiro|#003847

1028日の誕辰和色

褐色

占い結果

日本語版
特徴1特徴2インスピレーションワード
みんなのまとめ役束縛されるのは嫌い鍋物
英語版(English version)
Characteristic 1Characteristic 2Inspiration Words
The one who organizes everyone.I hate being constrained.pots and pans
中国語版(中文本)
特征1特征2鼓舞人心的话语
组织大家的那个人。我不喜欢被约束。锅碗瓢盆

【インスピレーションワードとは】あなたの直感の元となるワード、閃き、発想が刺激されるワードです。(宣託師:白龍恵子

誕生日の色が知りたい方は⇒「誕辰和色」へ


BIRTHDAY FRAGRANCE

色の説明

褐色(かちいろ)とは、紺よりもさらに濃い、黒色に見えるほどの藍色のことです。「かちん色」とも読まれます。

現代では「褐色」と書くと「かっしょく」と音読みし、茶系統の『赤褐色 せっかしょく』や『黄褐色 おうかっしょく』を指しますが、中世や近世の日本では濃い藍色のことでした。

色名の「かち」は、藍を濃く染み込ませるために布などをつ事からきており、『搗色』『褐色』『勝色』が当てられました。また、武家の間で「かち=勝ち」の読み方が好まれたため、「褐色おどし」や「褐色の直垂 ひたたれ」などの表記が軍記物語などによくみられます。

※搗つ:うすでつく。

-読み:かちいろ-

関連色:、藍色、勝色、搗色

[Explanation of a color]

The Kachiiro, darker than dark blue, it is the deep blue of appreciable black. I will be read as “Kachin-iro”. The reading of Kanji as “Kasshoku” when written as “brown” In modern times, it refers to the dark brown or reddish brown, but it was that blue-black in Japan of the early modern period and the Middle Ages.

The color name “Kashi” has come from the fact that you and a cloth in order to soak the rich indigo, “搗色”, “搗色”, “勝色” was devoted. In addition, since the reading of “Kachi = wins” was preferred among samurai, I will be common in such military epic notation such as “Kachiiro Odoshi” and “Kachiiro HItatare”.

-read:Kachiiro-

サイト運営者からのお願い

このサイトが気に入った役に立ったと思われた方は、Amazon・楽天で買い物をする際はぜひ下記のバナーをタップしてからお買い物をお願いいたします。

こちらからお買い物をしていただきますと、私に価格の1%相当のポイントが入ります。もちろんその分、高くなるようなことはありません。

いただいたポイントは今後のサイト運営のための書籍代運営費モチベーションにつながりますので、ご協力いただけますと嬉しいです。

Post navigation


Pinterestでシェアする際にご利用ください。

褐色(Kachiiro)
別パターンの褐色画像はこちら

注意事項

表示されている色(RGB値)は色の名前に対するおおよそものです。色名によっては広範囲の色を指す場合や文献・書籍等によっては解釈が異なる場合もありますのでご了承ください。 ご利用の環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。

印刷などに伝統色を利用したい場合は、DICグラフィックス株式会社から発売されている日本の伝統色シリーズがオススメです。

DIC 日本の伝統色 第8版


タグ:武将の色鎌倉の色

この伝統色名が気に入ったらシェアをお願いします

この記事のタイトルとURLをコピーする

「褐色」関連の商品

楽天市場での商品検索結果8件ご紹介します。

着物の買い替えをお考えなら、まずは高く売りましょう!褐色の着物を売る。着物買取情報はこちら!


参考にしている書籍

▲ページの先頭へ戻る