洗柿/Araigaki/#F0B694/

1219日の誕辰和色

洗柿

占い結果

日本語版
特徴1特徴2インスピレーションワード
話の先が読める道案内が得意セレクトショップ
英語版(English version)
Characteristic 1Characteristic 2Inspiration Words
I can see where this is going.I'm good at guiding people.select shop
中国語版(中文本)
特征1特征2鼓舞人心的话语
我知道这是怎么回事。我擅长引导人。选择店铺

【インスピレーションワードとは】あなたの直感の元となるワード、閃き、発想が刺激されるワードです。(宣託師:白龍恵子

誕生日の色が知りたい方は⇒「誕辰和色」へ


BIRTHDAY FRAGRANCE

色の説明

洗柿(あらいがき)とは、柿色が淡くなった橙色のことです。「洗柿」とは、洗って晒され薄くなった柿色の意味です。西鶴の『好色一代男』にも洗柿という色の染色の色名が使われていて、それがあまりきれいな色とは思われなかったことがわかります。ちなみに「洗」という修飾語はオレンジから赤系統の染色によく使われていました。

-読み:あらいがき-

「あらひがきの合帷子に、ふと布の花色羽織りに2」

『好色一代男』浮世草子。井原西鶴著。天和二年(一六八二)。

関連色:柿色橙色

[Explanation of a color]

The Araigaki, it is that orange Kaki-iro became faint. The “Araigaki” is the meaning of that Kaki-iro thinned exposed to wash. You can see that the color name of the stain of color that is washing persimmon is used of Saikaku also “Koushoku ichidaiotoko”, did not appear to color beautiful much it. By the way modifier “Arai” was often used for dyeing red system from Orange.

-read:Araigaki-

Post navigation


Pinterestでシェアする際にご利用ください。

洗柿(Araigaki)
別パターンの洗柿画像はこちら

注意事項

表示されている色(RGB値)は色の名前に対するおおよそものです。色名によっては広範囲の色を指す場合や文献・書籍等によっては解釈が異なる場合もありますのでご了承ください。 ご利用の環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。

印刷などに伝統色を利用したい場合は、DICグラフィックス株式会社から発売されている日本の伝統色シリーズがオススメです。

DIC 日本の伝統色 第8版


タグ:江戸の色焼き物の色

この伝統色名が気に入ったらシェアをお願いします

この記事のタイトルとURLをコピーする

「洗柿」関連の商品

楽天市場での商品検索結果8件ご紹介します。

着物の買い替えをお考えなら、まずは高く売りましょう!洗柿の着物を売る。着物買取情報はこちら!


参考にしている書籍

▲ページの先頭へ戻る