紅鳶(べにとび)とは?|Benitobi|#9A493F

1227日の誕辰和色

紅鳶

占い結果

日本語版
特徴1特徴2インスピレーションワード
過去を振り返らない目標を決めて燃える図鑑
英語版(English version)
Characteristic 1Characteristic 2Inspiration Words
I never look back.Set a goal and burn it.picture book
中国語版(中文本)
特征1特征2鼓舞人心的话语
我从不回头看。设定一个目标,然后烧掉它。画册

【インスピレーションワードとは】あなたの直感の元となるワード、閃き、発想が刺激されるワードです。(宣託師:白龍恵子

誕生日の色が知りたい方は⇒「誕辰和色」へ


BIRTHDAY FRAGRANCE

色の説明

紅鳶(べにとび)とは、紅色がかった濃い赤褐色です。江戸時代中期ごろに流行しましたが、この時期にはこのほか鳶色をはじめ、「藍鳶」、「紺鳶」、「紫鳶」など鳶系統の色が流行しました。

-読み:べにとび-

「流行おそろ、五歩も透ねへ。着付が縞縮に紅鳶一ツ」

『戯場粋言幕の外』式亭三馬作・歌川国直図。文化三年(一八◯六)刊。

関連色:紅色赤褐色鳶色、紫鳶

[Explanation of a color]

The Benitobi, is a dark reddish-brown tinged with crimson. It was popular in the mid-Edo period at age 28, but including the Tobiiro, the color of the kite line “Aitoboi”, “Kontobi” and “Murasakitobi” was in vogue this other at this time.

-read:Benitobi-

サイト運営者からのお願い

このサイトが気に入った役に立ったと思われた方は、Amazon・楽天で買い物をする際はぜひ下記のバナーをタップしてからお買い物をお願いいたします。

こちらからお買い物をしていただきますと、私に価格の1%相当のポイントが入ります。もちろんその分、高くなるようなことはありません。

いただいたポイントは今後のサイト運営のための書籍代運営費モチベーションにつながりますので、ご協力いただけますと嬉しいです。

Post navigation


Pinterestでシェアする際にご利用ください。

紅鳶(Benitobi)
別パターンの紅鳶画像はこちら

注意事項

表示されている色(RGB値)は色の名前に対するおおよそものです。色名によっては広範囲の色を指す場合や文献・書籍等によっては解釈が異なる場合もありますのでご了承ください。 ご利用の環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。

印刷などに伝統色を利用したい場合は、DICグラフィックス株式会社から発売されている日本の伝統色シリーズがオススメです。

DIC 日本の伝統色 第8版


タグ:江戸の色浮世絵の色

この伝統色名が気に入ったらシェアをお願いします

この記事のタイトルとURLをコピーする

「紅鳶」関連の商品

楽天市場での商品検索結果8件ご紹介します。

着物の買い替えをお考えなら、まずは高く売りましょう!紅鳶の着物を売る。着物買取情報はこちら!


参考にしている書籍

▲ページの先頭へ戻る