鴨の羽色/Kamonoha-iro/#00695B/

鴨の羽色Kamonoha-iro

色の名前Japan Color Name鴨の羽色(かものはいろ)
ローマ字RomanizedKamonoha-iro
RGB R:105 G:91 B:0
CMYK C:89 M:50 Y:70 K:09
Web カラーHex triplet

色の説明

鴨の羽色(かものはいろ)とは、真鴨 まがもの頭の羽色に由来する少し暗い青緑色のことです。別に『鴨羽色』『真鴨色 まがもいろ』とも。色名の出典は古く『万葉集』にその名がみられます。

真鴨はカモ目カモ科に分類される鳥類の一種で、アヒルの原種。冬に飛来する渡り鳥でもあります。日本では古代より食用として狩猟されてきました。ちなみに、真鴨の中でも頭が青緑色なのはオスだけです。

この『鴨の羽色』は『青葉』や『春山』にかかかる枕詞 まくらことばにもなっています。

-読み:かものはいろ-

「水鳥の鴨の羽色の青馬を今日見る人はかぎりなしといふ」

大伴家持『万葉集』巻二十・四四九四

関連する色の紹介

[Explanation of a color]

The Kachiiro, it is a little dark blue-green derived from the feather color of the head of the mallard. Both separately “Kamoba-iro” “Magamo-iro”. Source of color name will be seen that name in the old “Manyoshu”.

Mallard is a kind of birds that are classified in Anseriformes Anatidae, species of duck. It is also the migratory birds flying to the winter. In Japan, we have been hunting for food since ancient times. By the way, the head among the mallard is blue-green is given to only male.

This “Kamonoha-iro” has also become on whether it takes Makurakotoba Makurakotoba to “Aoba” and “Haruyama”.

-read:Kachiiro-

注意事項

表示されている色(RGB値)は色の名前に対するおおよそものです。色名によっては広範囲の色を指す場合や文献・書籍等によっては解釈が異なる場合もありますのでご了承ください。 ご利用の環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。

印刷などに伝統色を利用したい場合は、DICグラフィックス株式会社から発売されている日本の伝統色シリーズがオススメです。

DIC 日本の伝統色 第8版

Post navigation

タグ:万葉の色古代の色鳥の羽色

この伝統色名が気に入ったらシェアをお願いします

この記事のタイトルとURLをコピーする

「鴨の羽色」関連の商品

楽天市場での商品検索結果4件ご紹介します。

着物の買い替えをお考えなら、まずは高く売りましょう!着物の高価買取店情報


参考にしている書籍

▲ページの先頭へ戻る