裏葉色/Uraha-iro/#A4C2A9/

裏葉色Uraha-iro

色の名前Japan Color Name裏葉色(うらばいろ)
ローマ字RomanizedUraha-iro
RGB R:164 G:194 B:169
CMYK C:30 M:00 Y:30 K:20
Web カラーHex triplet

色の説明

裏葉色(うらはいろ)とは、木の葉や草の葉裏のような渋くくすんだ薄緑色のことです。別に「うらばいろ」とも。『草色』を薄めた染色に付けられた色名で、平安時代にはすでにその名がみられました。また、とくにくずの葉の葉裏に因んだ色とも言われています。

ちなみに、『裏葉色』と同様ように「裏」という字をあてた色名としては、柳の葉裏の色を表現した『裏柳 うらやなぎ』『裏葉柳 うらはやなぎ』などがありますが、こちらのほうが少し黄みが強い色になります。

裏葉色』は上品な色合いであるため現代でも着物の色としてよく用いられていますが、爽やかで清潔感もある色なので、乳幼児の御包 おくるみの色などにも人気です。

葛の葉

-読み:うらばいろ-

関連する色の紹介

[Explanation of a color]

The Uraha-iro, is the astringent pale green dull, such as the leaf back of leaves and grass. Both separately “Urabairo”. In color name attached to the staining dilute the “Kusa-iro”, already has its name was found in the Heian period. It also is said to be the color that particular honor to leaf back of kuzunoha.

By the way, as the color name that rely on the character of “Ura” in the same manner so as “Uraha-iro”, and expressed the color of the Howrah of willow “Urayanagi” “Urahayanagi”.

“Uraha-iro” is often used as the color of the kimono even today because it is the elegant shades, but because the colors that are refreshing and also a feeling of cleanliness, is such as to popular color of Okurumi of infants.

-read: Uraha-iro-

注意事項

表示されている色(RGB値)は色の名前に対するおおよそものです。色名によっては広範囲の色を指す場合や文献・書籍等によっては解釈が異なる場合もありますのでご了承ください。 ご利用の環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。

印刷などに伝統色を利用したい場合は、DICグラフィックス株式会社から発売されている日本の伝統色シリーズがオススメです。

DIC 日本の伝統色 第8版

Post navigation

タグ:平安の色染めの色植物の色

この伝統色名が気に入ったらシェアをお願いします

この記事のタイトルとURLをコピーする

「裏葉色」関連の商品

楽天市場での商品検索結果8件ご紹介します。

着物の買い替えをお考えなら、まずは高く売りましょう!着物の高価買取店情報


参考にしている書籍

▲ページの先頭へ戻る