濡羽色/Nureba-iro/#000B00/

濡羽色Nureba-iro

色の名前Japan Color Name濡羽色(ぬればいろ)
ローマ字RomanizedNureba-iro
RGB R:000 G:011 B:000
CMYK C:100 M:00 Y:100 K:96
Web カラーHex triplet

色の説明

濡羽色(ぬればいろ)とは、からすの羽のような艶のある黒色のことです。別名「濡烏 ぬれがらす」、「烏羽色 からすばいろ」とも。万葉集の時代より「髪は、烏の濡れ羽色」といわれるように、黒く艷やかな女性の髪の毛を形容する言葉として用いられました。

からすといえば真っ黒というイメージですが、よく見るとその羽は青や紫、緑などの光沢を帯びて見えます。これは羽毛の表面にわずかに構造色を持つためです。 まっすぐで健康的な女性の髪もまた同様に、水や髪油などを含むことで、わずかな干渉色を浮かべた「烏の濡羽色」のような美しい黒となるのです。

-読み:ぬればいろ-

関連色:墨色藍墨茶

[Explanation of a color]

The Nureba-iro, it is a black shiny, such as a feather of crow. Also known as “Nuregarasu”, as “Karasuba-iro”. As they say “hair, Nurebairo of crow” and from the age of Manyoshu, I was used as a word that epithet the hair of a black glossy women.

It is the image of black Speaking of crow, but its wings looks very glossy purple and blue, and green and look closely. This is because it has a structural color slightly on the surface of the feathers. Likewise women’s hair healthy straight, by and the like hair oil and water, it’s the beautiful black such as “Nureba-iro of crow,” which was floated interference color slight.

-read:Nureba-iro-

注意事項

表示されている色(RGB値)は色の名前に対するおおよそものです。色名によっては広範囲の色を指す場合や文献・書籍等によっては解釈が異なる場合もありますのでご了承ください。 ご利用の環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。

印刷などに伝統色を利用したい場合は、DICグラフィックス株式会社から発売されている日本の伝統色シリーズがオススメです。

DIC 日本の伝統色 第8版

Post navigation

タグ:万葉の色奈良の色鳥の羽色

この伝統色名が気に入ったらシェアをお願いします

この記事のタイトルとURLをコピーする

「濡羽色」関連の商品

楽天市場での商品検索結果1件ご紹介します。

着物の買い替えをお考えなら、まずは高く売りましょう!着物の高価買取店情報


参考にしている書籍

▲ページの先頭へ戻る