薄緑/Usumidori/#CAE5CD/

薄緑Usumidori

色の名前Japan Color Name薄緑(うすみどり)
ローマ字RomanizedUsumidori
RGB R:202 G:229 B:205
CMYK C:25 M:00 Y:25 K:00
Web カラーHex triplet

色の説明

薄緑(うすみどり)とは、その名のとおり薄い緑色のことです。『淡緑 うすみどり』とも表記され、その場合は「たんりょく」とも読まれます。薄い緑を形容したものが色名となりました。

同じような薄い緑色を指す色名に『浅緑 あさみどり』がありますが、こちらは平安時代の式目『延喜式 えんぎしき』にも表記された伝統色で、色みも黄みがかった薄い緑色になります。

ちなみに、平安末期の武将“源義経”は熊野別当(※)から贈られた刀「吠丸 ほえまる」の名を、刀身に映した熊野の春の山の色にちなみ「薄緑 うすみどり」に改め愛用しました。

この刀はもともと「膝丸 ひざまる』という名で、「髭切 ひげきり」とともに源氏重代の太刀。「蜘蛛切 くもきり」「吠丸」「薄緑」と持ち主により度々名を変えています。

※熊野別当とは、熊野三山(熊野本宮大社、熊野速玉大社、熊野那智大社)の統括にあたった役職

-読み:うすみどり-

関連する色の紹介

[Explanation of a color]

The Usumidori, is a pale green as its name. It is referred to as “aqua”, if that is read as “Tanryoku”. Those epithet a thin green became the color name.

There is a “Asamidori” to the color name to refer to the same kind of pale green, but this is a traditional color that has been expressed to the Heian period Shikimoku “Engishiki”, will pale green color body and yellowish.

By the way, the late Heian warlord “Yoshitune Minamoto” changed the name of the sword “Hoemaru” given by Kumano to “Usumidori” in connection with the color of the spring mountain of Kumano reflected in the blade. By the way, this sword is a sword of Genji Shigeyo who will be paired with “Higekiri” in the name of “Kimaru Maru”, but the owner often changes his name to “Kumokiri” “Hoemaru” “Usumidori”.

-read: Usumidori-

Post navigation


Pintarestでシェアする際にご利用ください。

薄緑(Usumidori)

注意事項

表示されている色(RGB値)は色の名前に対するおおよそものです。色名によっては広範囲の色を指す場合や文献・書籍等によっては解釈が異なる場合もありますのでご了承ください。 ご利用の環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。

印刷などに伝統色を利用したい場合は、DICグラフィックス株式会社から発売されている日本の伝統色シリーズがオススメです。

DIC 日本の伝統色 第8版


この伝統色名が気に入ったらシェアをお願いします

この記事のタイトルとURLをコピーする

「薄緑」関連の商品

楽天市場での商品検索結果7件ご紹介します。

着物の買い替えをお考えなら、まずは高く売りましょう!薄緑の着物を売る。着物買取情報はこちら!


参考にしている書籍

▲ページの先頭へ戻る