紅柄色/Bengara-iro/#AA562E/

紅柄色Bengara-iro

色の名前Japan Color Name紅柄色(べんがらいろ)
ローマ字RomanizedBengara-iro
RGB R:170 G:086 B:046
CMYK C:45 M:80 Y:90 K:00
Web カラーHex triplet#AA562E

色の説明

紅柄色(べんがらいろ)とは、濃い赤みの褐色のことで紅殻、弁柄とも書きます。インドのベンガル地方で産出したことから、「べんがら」と名づけられました。天然に産するものもありますが、今日紅柄は合成されたものが多く使われています。江戸時代の流行色で日差しで変色しにくく、耐熱性にも優れるため、壁や瓦の塗料などに多く用いられた色です。

-読み:べんがらいろ-

「懸崖が真っ赤な紅殻色をして居て、それが強い緑の樹木と対照して鮮に美しい」

『旅日記から』寺田寅彦著。明治四二年(一九◯九)。

関連色:赤褐色

[Explanation of a color]

The Bengara-iro, write Benigara, also rouge by brown dark red taste. From what has been produced in the Bengal region of India, and was named “Bengara”. Some of them naturally occurring, but that is synthesized has been used a lot today red pattern. Because it is hard to change color in sunlight in fashionable color of the Edo period, it also has excellent heat resistance, it is the color that is often used to paint and tile and wall.

-read:Bengara-iro-

紅柄色

注意事項

表示されている色(RGB値)は色の名前に対するおおよそものです。色名によっては広範囲の色を指す場合や文献・書籍等によっては解釈が異なる場合もありますのでご了承ください。 ご利用の環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。

印刷などに伝統色を利用したい場合は、DICグラフィックス株式会社から発売されている日本の伝統色シリーズがオススメです。

DIC 日本の伝統色 第8版

Post navigation

タグ:日本画の色

この伝統色名が気に入ったらシェアをお願いします

「紅柄色」関連の商品

楽天市場での商品検索結果2件ご紹介します。

着物の買い替えをお考えなら、着物の高価買取店情報でご確認ください。


参考にしている書籍

▲ページの先頭へ戻る