沈香茶/Tonocha/#436752/

沈香茶Tonocha

色の名前Japan Color Name沈香茶(とのちゃ)
ローマ字RomanizedTonocha
RGB R:067 G:103 B:082
CMYK C:69 M:31 Y:55 K:16
Web カラーHex triplet#436752

色の説明

沈香茶(とのちゃ)とは、灰みがかった青緑色のことです。沈香 じんこうはインドのアッサム地方やミャンマー、ベトナム、ボルネオなど熱帯多雨林産の香木伽羅 きゃらを指し、粉末にして他の香料と調合し、練香や線香の材料として用いられます。沈香茶はその一種の黒沈香の木の色に由来するのではないかと思われます。

ちなみに、江戸時代に「沈香茶」と呼ばれるものには、この「沈香茶」の他に「礪茶 とのちゃ」もあります。

-読み:とのちゃ-

関連色:青緑礪茶

[Explanation of a color]

The Tonocha, it is a blue-green tinged with Hai-mi. Refers to the fragrant wood character of the tropical rainy forest Myanmar and Assam, Vietnam, Borneo and India, it is formulated with other flavoring in the powder, JInkou will be used as a material for incense and Neriko. I think agarwood tea is or not than derived from the color of the tree of black agarwood of its kind.

By the way, in what is referred to as “Tonocha” in the Edo era, there is also a “礪茶” In addition to this “沈香茶”.

-read:Tonocha-

沈香茶

注意事項

表示されている色(RGB値)は色の名前に対するおおよそものです。色名によっては広範囲の色を指す場合や文献・書籍等によっては解釈が異なる場合もありますのでご了承ください。 ご利用の環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。

印刷などに伝統色を利用したい場合は、DICグラフィックス株式会社から発売されている日本の伝統色シリーズがオススメです。

DIC 日本の伝統色 第8版

Post navigation

タグ:江戸の色陶器の色

この伝統色名が気に入ったらシェアをお願いします

「沈香茶」関連の商品

楽天市場での商品検索結果1件ご紹介します。

着物の買い替えをお考えなら、着物の高価買取店情報でご確認ください。


参考にしている書籍

▲ページの先頭へ戻る