鴨頭草/Tsukikusa/#161825/

鴨頭草Tsukikusa

色の名前Japan Color Name鴨頭草(つきくさ)
ローマ字RomanizedTsukikusa
RGB R:022 G:024 B:037
CMYK C:90 M:88 Y:70 K:60
Web カラーHex triplet#161825

色の説明

鴨頭草(つきくさ)とは、友禅染の下絵に用いられていた青花紙の濃い青色のことです。鴨頭草とは露草(つゆくさ)の古名であり、この草の花弁の色素を得ることからこの名がつきました。花の絞り汁の色素を布に移すので「移し色」ともいわれ、また褪色しやすいことをかけて人の移心を表し、和歌にもよく詠われました。

襲の色としては、「表・縹、裏・淡縹」を配し、野原に生える可憐な青い花を模している色目です。

-読み:つきくさ-

関連色:

[Explanation of a color]

The Tsukikusa, it is a dark blue flowers blue paper was used to sketch print silk. It is Komyo of spiderwort and Tsukikusa, this name arrived from getting dye petals of this grass. Represents the Utsurikokoro of people over a period that is easy to fading also, also referred to as “color transfer” because transfer to fabric dyes juice of flowers, it was sung well with waka. As the color of prone, it is ogle placed “front and Hanada, Awahanada back,” and that mimics the pretty blue flower that grows in fields and roadsides.

-read:Tsukikusa-

鴨頭草

注意事項

表示されている色(RGB値)は色の名前に対するおおよそものです。色名によっては広範囲の色を指す場合や文献・書籍等によっては解釈が異なる場合もありますのでご了承ください。 ご利用の環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。

印刷などに伝統色を利用したい場合は、DICグラフィックス株式会社から発売されている日本の伝統色シリーズがオススメです。

DIC 日本の伝統色 第8版

Post navigation

タグ:万葉の色植物の色襲の色

この伝統色名が気に入ったらシェアをお願いします

「鴨頭草」関連の商品

楽天市場での商品検索結果2件ご紹介します。

着物の買い替えをお考えなら、着物の高価買取店情報でご確認ください。


参考にしている書籍

▲ページの先頭へ戻る