菖蒲色/Ayame-iro/#B168A8/

菖蒲色Ayame-iro

色の名前Japan Color Name菖蒲色(あやめいろ)
ローマ字RomanizedAyame-iro
RGB R:177 G:104 B:168
CMYK C:30 M:55 Y:05 K:00
Web カラーHex triplet#B168A8

色の説明

菖蒲色(あやめいろ)とは、菖蒲 あやめの紫の花の色に似た赤みがかった紫色のことです。
あやめ」は花の色も呼び名も美しいことから、古くから用いられた色名ですが、もともとは襲の色名で「表・青、裏・紅または紅梅」が夏に用いられました。
染め色として現れたのは後世のこと。江戸時代の染色技法の指南書『手鑑模様節用』には「あゐかちたるをききやうといふ、赤みかちたるを、あやめと、となふ」とあります。

最近は「菖蒲」の字は「しょうぶ」と読む方が一般的ですが、中世の日本では「あやめ」と読まれていました。また、しょうぶの花はあやめの花に似たイメージがあるかと思いますが、実際のしょうぶの花は稲穂のような形であり、まったく別の種類です。あやめに似た花は「花菖蒲」というまた違う種類になります。ちょっとややこしいですね。

-読み:あやめいろ-

関連色:

[Explanation of a color]

The Ayame-iro, is a purple red taste similar to the color of the flower of iris purple tinged. From the color of the flower also nickname is beautiful, “Ayame” is the color name that was used from ancient times, “table, blue, red plum or back, red” was used in the summer by the color name of Kasane originally. That appeared as dye things posterity. It is marked “Fu Na and, and Ayame, awe and trying to Ya listening to the upcoming wins I Oh, the upcoming Chi or redness” teaching manual for the staining technique of the Edo period in the “Tekagami Moyou Setsuyo”.

-read:Ayame-iro-

菖蒲色

注意事項

表示されている色(RGB値)は色の名前に対するおおよそものです。色名によっては広範囲の色を指す場合や文献・書籍等によっては解釈が異なる場合もありますのでご了承ください。 ご利用の環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。

印刷などに伝統色を利用したい場合は、DICグラフィックス株式会社から発売されている日本の伝統色シリーズがオススメです。

DIC 日本の伝統色 第8版

Post navigation

タグ:手鑑模様節用歌舞伎の色花の色襲の色

この伝統色名が気に入ったらシェアをお願いします

「菖蒲色」関連の商品

楽天市場での商品検索結果8件ご紹介します。

着物の買い替えをお考えなら、着物の高価買取店情報でご確認ください。


参考にしている書籍

▲ページの先頭へ戻る