小豆色/Azuki-iro/#A04940/

小豆色Azuki-iro

色の名前Japan Color Name小豆色(あずきいろ)
ローマ字RomanizedAzuki-iro
RGB R:160 G:073 B:064
CMYK C:50 M:85 Y:80 K:00
Web カラーHex triplet#A04940

色の説明

小豆色(あずきいろ)とは、赤小豆の実の色のような茶色がかった赤紫のことです。江戸時代になってから色名として用いられています。同系統の「小豆茶」、「小豆鼠」とともに着物の表などに多く使われました。古代から赤は祈願の色として使われ、小豆を使った赤飯は、子供のお食い初め、祝い事、年中行事には欠かせないものです。

-読み:あずきいろ-

「違棚の高岡塗は沈んだ小豆色に古木の幹を青く盛り上げて」

『虞美人草』夏目漱石著。明治四◯年(一九◯七)発表。

関連色:茶色、小豆茶、小豆鼠

[Explanation of a color]

The Azuki-iro, it is a red purple tinged with night vision, such as color of the actual red azuki bean. It is used as a color name after becoming the Edo period. It was used a lot in such as a table of the kimono of the same strain “Azuki-cha”, with “Azuki-nezumi”.

-read:Azuki-iro-

小豆色

注意事項

表示されている色(RGB値)は色の名前に対するおおよそものです。色名によっては広範囲の色を指す場合や文献・書籍等によっては解釈が異なる場合もありますのでご了承ください。 ご利用の環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。

印刷などに伝統色を利用したい場合は、DICグラフィックス株式会社から発売されている日本の伝統色シリーズがオススメです。

DIC 日本の伝統色 第8版

Post navigation

タグ:歌舞伎の色江戸の色着物の色

この伝統色名が気に入ったらシェアをお願いします

「小豆色」関連の商品

楽天市場での商品検索結果7件ご紹介します。

着物の買い替えをお考えなら、着物の高価買取店情報でご確認ください。


参考にしている書籍

▲ページの先頭へ戻る