櫨染/Hajizome/#D9A62E/

櫨染Hajizome

色の名前Japan Color Name櫨染(はじぞめ)
ローマ字RomanizedHajizome
RGB R:217 G:166 B:046
CMYK C:00 M:24 Y:79 K:15
Web カラーHex triplet#D9A62E

色の説明

櫨染(はじぞめ)は、暖かみのある赤みの深い黄色のことです。山櫨(やまはぜ)の黄色い心材を染料にし、灰汁媒染で染めました。山櫨は山野に自生し、実から蠟をとる落葉樹で、古くはこれで紙を染めました。染紙としての染め色は『正倉院文書』に、裂染の色は、『延喜縫殿式』に名があります。また古くは平安時代、高貴な身分を表す衣の色として愛されていました。

-読み:はじぞめ-

関連色:黄色

[Explanation of a color]

The Hajizome, is a deep reddish yellow that warm. The dye in the heartwood yellow mountain goby, was dyed with mordant lye. Mountain goby is native to the fields and mountains, deciduous to take 蠟 from the real, old has dyed the paper in this. To “Shosoin document”, the color of 裂染, there is a name in the “Engi sewing hall Expressions” dye as a dyed paper. The Heian period, was loved as the color of clothing that represents the noble status in ancient times.

-read:Hajizome-

櫨染

注意事項

表示されている色(RGB値)は色の名前に対するおおよそものです。色名によっては広範囲の色を指す場合や文献・書籍等によっては解釈が異なる場合もありますのでご了承ください。 ご利用の環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。

印刷などに伝統色を利用したい場合は、DICグラフィックス株式会社から発売されている日本の伝統色シリーズがオススメです。

DIC 日本の伝統色 第8版

Post navigation

タグ:平安の色

この伝統色名が気に入ったらシェアをお願いします

「櫨染」関連の商品

楽天市場での商品検索結果7件ご紹介します。

着物の買い替えをお考えなら、着物の高価買取店情報でご確認ください。


参考にしている書籍

▲ページの先頭へ戻る