肥後煤竹/Higosusutake/#897858/

肥後煤竹Higosusutake

色の名前Japan Color Name肥後煤竹(ひごすすたけ)
ローマ字RomanizedHigosusutake
RGB R:137 G:120 B:088
CMYK C:00 M:12 Y:36 K:46
Web カラーHex triplet#897858

色の説明

肥後煤竹(ひごすすたけ)とは、黒みがかった黄褐色のことです。『煤竹色 すすたけいろ』の派生色。江戸時代の染色解説書である『手鑑模様節用 てかがみもようせつよう』の色譜にもその名がみられ、蘇芳 すおうと梅に渋色 しぶいろを重ねて染められていました。

色名の「肥後 ひご」についてですが、地名の「肥後(現在の熊本県)」か人名由来のの「肥後守 ひごのかみ」などにちなんだものだと思われますが、詳しくは判っていません。

元禄時代に『柳煤竹 やなぎすすたけ』や『藤煤竹 ふじすすたけ』など『◯◯煤竹』という色名が多くあらわれていることから、その頃から行われるようになった染め色でしょう。

-読み:ひごすすたけ-

関連する色の紹介

煤竹の名前がつく他の色

[Explanation of a color]

The Higo-Susutake is a dark brown tan. Derivative color of “Susutake-iro”. The name was also found in the color score of the dyeing manual in the Edo period “Tekagamimoyou-Setsuyo”, Suzhou and plums were dyed with astringency.

Although it is about the color name “Higo”, it seems to be due to “Higo (present Kumamoto prefecture)” of the place name or “Higonokami” derived from the name of the person, but I do not know the details.

In the Genroku era, there are many color names “◯◯ – Susutake” such as “Yanagi – Susutake” and “Fuji – Susutake”, so it will be a dyeing color that began to be done from that time on.

-read:Higosusutake-

注意事項

表示されている色(RGB値)は色の名前に対するおおよそものです。色名によっては広範囲の色を指す場合や文献・書籍等によっては解釈が異なる場合もありますのでご了承ください。 ご利用の環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。

印刷などに伝統色を利用したい場合は、DICグラフィックス株式会社から発売されている日本の伝統色シリーズがオススメです。

DIC 日本の伝統色 第8版

Post navigation

タグ:手鑑模様節用染めの色江戸の色

この伝統色名が気に入ったらシェアをお願いします

「肥後煤竹」関連の商品

楽天市場での商品検索結果2件ご紹介します。

着物の買い替えをお考えなら、まずは高く売りましょう!着物の高価買取店情報


参考にしている書籍

▲ページの先頭へ戻る