薄柿/Usugaki/#D4ACAD/

薄柿Usugaki

色の名前Japan Color Name薄柿(うすがき)
ローマ字RomanizedUsugaki
RGB R:212 G:172 B:173
CMYK C:20 M:38 Y:25 K:00
Web カラーHex triplet

色の説明

薄柿(うすがき)とは、柿渋 かきしぶで染められた淡い柿色のことです。また薄い『柿色』の総称で、『洒落柿 しゃれがき』のような黄みが強い淡い柿色から、色見本のような赤みが残る薄い柿色まで幅広い色合いを指します。

江戸時代中末期の安永・天明期(一七七二〜一七八九)に帷子 かたびらを『薄柿』に、足袋 たびを『白薄柿 しろうすがき』に染めることが流行しました。

『柿色』は江戸時代の流行色の一つで、『黒柿 くろがき』『大和柿 やまとがき』『照柿 てりがき』『水柿 みずがき』など様々な色があります。

-読み: うすがき-

「川かぜや薄がきたる夕すずみ」芭蕉

『卯辰集』

関連する色の紹介

[Explanation of a color]

The Usugaki is a light Kaki-iro dyed with persimmon juice. In addition, it is a generic name of thin “Kaki-iro”, which refers to a wide range of shades ranging from a pale persimmon color with strong yellowness like “Sharegaki” to a thin Kaki-iro which leaves redness like a color sample.

It was prevalent to dye Syuko Tadashi to “Usugaki” and Tabi Tabi to “Shirousugaki” in the Yasunaga · Tenmyo period (1772 – 1789) at the end of the Edo Period.

“Kaki-iro” is one of the fashionable colors of the Edo period, and there are various colors such as “Kurogaki” “Yamatogaki” “Terugaki” “Mizugaki”.

-read: Usugaki-

Post navigation

注意事項

表示されている色(RGB値)は色の名前に対するおおよそものです。色名によっては広範囲の色を指す場合や文献・書籍等によっては解釈が異なる場合もありますのでご了承ください。 ご利用の環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。

印刷などに伝統色を利用したい場合は、DICグラフィックス株式会社から発売されている日本の伝統色シリーズがオススメです。

DIC 日本の伝統色 第8版

タグ:江戸の色焼き物の色

この伝統色名が気に入ったらシェアをお願いします

この記事のタイトルとURLをコピーする

「薄柿」関連の商品

楽天市場での商品検索結果6件ご紹介します。

着物の買い替えをお考えなら、まずは高く売りましょう!薄柿の着物を売る。着物買取情報はこちら!


参考にしている書籍

▲ページの先頭へ戻る