枇杷茶/Biwacha/#AE7C4F/

枇杷茶Biwacha

色の名前Japan Color Name枇杷茶(びわちゃ)
ローマ字RomanizedBiwacha
RGB R:174 G:124 B:079
CMYK C:00 M:29 Y:55 K:32
Web カラーHex triplet#AE7C4F

色の説明

枇杷茶(びわちゃ)とは、熟した枇杷の実が茶色がかったようなくすんだ黄褐色のことです。江戸時代後期に書かれた『手鑑模様節用』には、「びわ茶、俗に土器色(かわらけいろ)といふ」とあります。かわらけとは、神前に供える釉薬をかけない素焼きの土器のことです。その色に似ていることから、別名になったようです。

-読み:びわちゃ-

関連色:茶色、黄褐色、土器色

[Explanation of a color]

The Biwacha, it is a shallow tan loquat ripe like brownish. Written in the late Edo period in the “hand mirror pattern Setsuyo”, and that in the event of “loquat tea, Toiu earthenware color commonly” he said. The Kawarake refers to the earthenware unglazed to prepare for the alter. And it is similar to the color, it seems was an alias.

-read:Biwacha-

枇杷茶

注意事項

表示されている色(RGB値)は色の名前に対するおおよそものです。色名によっては広範囲の色を指す場合や文献・書籍等によっては解釈が異なる場合もありますのでご了承ください。 ご利用の環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。

印刷などに伝統色を利用したい場合は、DICグラフィックス株式会社から発売されている日本の伝統色シリーズがオススメです。

DIC 日本の伝統色 第8版

Post navigation

タグ:手鑑模様節用江戸の色陶器の色

この伝統色名が気に入ったらシェアをお願いします

「枇杷茶」関連の商品

楽天市場での商品検索結果4件ご紹介します。

着物の買い替えをお考えなら、着物の高価買取店情報でご確認ください。


参考にしている書籍

▲ページの先頭へ戻る