銀鼠/Ginnezumi/#BBBCBF/

銀鼠Ginnezumi

色の名前Japan Color Name銀鼠(ぎんねずみ)
ローマ字RomanizedGinnezumi
RGB R:187 G:188 B:191
CMYK C:03 M:02 Y:00 K:35
Web カラーHex triplet#BBBCBF

色の説明

銀鼠(ぎんねず)とは、銀色のようなほんのり青みを含んだ明るい灰色のことです。古くは『錫色 すずいろ』とも。江戸中期は度々「奢侈禁止令 しゃしきんしれい」が発布され、派手な色の着物が禁止されていました。そのため元々は地味な色と考えられていた茶系・鼠系の着物ですが、僅かな色の違いを粋に着こなすことが大流行し、様々な種類の茶色や鼠色が生まれました。いわゆる『四十八茶百鼠 しじゅうはっちゃひゃくねずみ』のことです。銀鼠もそんな流行色の一つでした。

銀鼠は水墨画でいうところの「墨の五彩 ごさい」の「淡」にあたります。ちなみに、五彩とは単純に五色の色合いのみ表す言葉ではなく、墨の濃淡により無限の色を表現できるという意味です。

銀は古くから「しろがね」と呼ばれるように、銀鼠も白系統の色に入ります。

-読み:ぎんねず-

「銀鼠の襟のついた中型縮緬の長襦袢」

『当世書生気質』坪内逍遥著。明治十八〜十九年(一八八五〜八六)。

関連する色の紹介

墨の五彩に関連する色の紹介

[Explanation of a color]

The Ginnezumi, in the meaning of gray-tinged green willow, it is a gray to pale greenish. One color be called by the color name of two species of rats and tea appeared in the late Edo period, such as “forty-eight tea hundred rat” is because it is a low-tinted color. Color to be called by the name of “Cha” in general represents a warm flavor and bitterness, color called “Nezumi” represents a soft color tone cool. Of course, color named willow tea also exists as a color variation of willow mouse.

-read:Ginnezumi-

銀鼠

注意事項

表示されている色(RGB値)は色の名前に対するおおよそものです。色名によっては広範囲の色を指す場合や文献・書籍等によっては解釈が異なる場合もありますのでご了承ください。 ご利用の環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。

印刷などに伝統色を利用したい場合は、DICグラフィックス株式会社から発売されている日本の伝統色シリーズがオススメです。

DIC 日本の伝統色 第8版

Post navigation

タグ:四十八茶百鼠墨の五彩歌舞伎の色江戸の色

この伝統色名が気に入ったらシェアをお願いします

「銀鼠」関連の商品

楽天市場での商品検索結果8件ご紹介します。

着物の買い替えをお考えなら、着物の高価買取店情報でご確認ください。


参考にしている書籍

▲ページの先頭へ戻る