深緋/Kokiake/#C20024/

深緋Kokiake

色の名前Japan Color Name深緋(こきあけ)
ローマ字RomanizedKokiake
RGB R:194 G:0 B:36
CMYK C:30 M:100 Y:95 K:0
Web カラーHex triplet#C20024

色の説明

深緋(こきあけ)とは、紫みの暗い赤色で、茜と紫とで染めたもので、名称にある緋の色感はなく黒みの強い色です。「こきひ」とも「ふかひ」とも読まれる古くからある色名です。明治時代の装束に関する文献『歴世服飾考』でも、「たとへば桑の実の、初は赤きが、後黒となりたるが如しといへり」と評しています。

-読み:こきあけ-

関連色:

[Explanation of a color]

The Kokiake, dark red purple Mino, as it was dyed with the purple and madder, is a strong color slug rather than a sense of scarlet color in the name. The color names are old read as “Kokihi” as “Fukahi”. I have likened literature on costumes Meiji era “But successive generations clothing considered” and “Ri Ie and Gotoshi but barrel is red hunger and the rear of the black mulberry, for the first time Tatoeba”.

-read:Kokiake-

深緋

注意事項

表示されている色(RGB値)は色の名前に対するおおよそものです。色名によっては広範囲の色を指す場合や文献・書籍等によっては解釈が異なる場合もありますのでご了承ください。 ご利用の環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。

印刷などに伝統色を利用したい場合は、DICグラフィックス株式会社から発売されている日本の伝統色シリーズがオススメです。

DIC 日本の伝統色 第8版

Post navigation

タグ:冠位十二階古代の色平安の色

この伝統色名が気に入ったらシェアをお願いします

「深緋」関連の商品

楽天市場での商品検索結果7件ご紹介します。

着物の買い替えをお考えなら、着物の高価買取店情報でご確認ください。


参考にしている書籍

▲ページの先頭へ戻る