珊瑚色/Sango-iro/#EF8468/

珊瑚色Sango-iro

色の名前Japan Color Name珊瑚色(さんごいろ)
ローマ字RomanizedSango-iro
RGB R:239 G:132 B:104
CMYK C:00 M:60 Y:53 K:00
Web カラーHex triplet#EF8468

色の説明

珊瑚色(さんごいろ)とは、赤い珊瑚を粉末にした顔料の色で、黄みがかった明るい赤色のことです。英名では『コーラル』『コーラル・ピンク』と呼ばれる色。古代中国から伝来した顔料に由来し、赤珊瑚の色を表した色ではありません。

我が国では珊瑚といえば「赤」というのが一般的ですが、顔料の珊瑚色は赤珊瑚を細かく砕いて作るため、珊瑚本来の色よりも色みが薄くなります。ただ、珊瑚色の中でも宝石の赤い珊瑚に近い鮮やかな紅色の場合は、別に『珊瑚珠 さんごしゅ』と呼ばれました。

珊瑚(さんご)

珊瑚は、クラゲやイソギンチャクの仲間の刺胞動物門花虫綱に属する動物。そのうち固い骨格を発達させて宝石になるものや、サンゴ礁を形成するものなどがいます。珊瑚の宝石は仏教における七宝の一つ。

古くから珊瑚の赤が日本人の黒髪によく映えることから、髪飾りやかんざしなどの装飾品として珍重されました。もちろん現在でも珊瑚は深く愛好されており、宝石協会では珊瑚を3月の誕生石としています。

日本は世界に認められた珊瑚の主要な産地であり、とくに高知県沖は珊瑚の一大産地として有名です。ちなみに、江戸時代の土佐藩(高知県)内の海底で見つかった宝石珊瑚群は、幕府や他国に漏れないよう厳しく取り締まったという逸話が伝わっています。

珊瑚の中でも最も好まれたのは深く艶やかな紅色で「血赤 ちあか」と呼ばれました。ただ、欧州では古来淡いピンク色の珊瑚のほうが好まれており、最上級のものは天使の肌に例えられて「エンジェルスキン」と呼ばれています。

珊瑚色

-読み:さんごいろ-

「つつましく左手を畳についたその手の指先が
 しなやかに反つて珊瑚色に充血してゐた」

『星座』有島武郎著。大正十一年(一九二二)。

関連する色の紹介

[Explanation of a color]

The Sango-iro, by the color of the pigment in which the red coral in the powder, is a bright red yellowish. The color in the English name called “Coral,” “Coral Pink”. It derived from the pigment that was handed down from ancient China, not the color represents the color of red coral.

In Japan it is common that Speaking of coral “red,” but, Sango-iro of the pigment for making crushed finely red coral, the color only will be thinner than the original color coral. However, in the case of a vivid red close to the jewel of the red coral among the Sango-iro, it was separately called “Sangoshu”.

Coral, jellyfish and sea anemone fellow Cnidaria anthozoan belonging to the animal. And those made in the jewelry by developing them hard skeleton, there are such as to form a coral reef. One of cloisonne coral jewelry in Buddhism.

From the fact that the red coral shine well into Japanese of black hair from ancient times, it has been prized as ornaments, such as hair ornaments and hairpin. Of course coral still are lovers deeply, in the jewelry Association You are birthstone of March the coral.

Japan is a major producer of coral that was found in the world, especially off the coast of Kochi prefecture is famous as a major producer of coral. By the way, the Tosa clan jewelry coral group found in the seabed of the (Kochi Prefecture) of the Edo period, has handed down a story that was cracking down so as not to leak to the shogunate and other countries.

It was favored most among the coral has been referred to as the “Chiaka” in deep glossy red. However, Europe has been favored better ancient pale pink coral in, been likened to the angel of the skin is one of the superlative has been referred to as the “angel skin”.

-read: Sango-iro-

珊瑚色

注意事項

表示されている色(RGB値)は色の名前に対するおおよそものです。色名によっては広範囲の色を指す場合や文献・書籍等によっては解釈が異なる場合もありますのでご了承ください。 ご利用の環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。

印刷などに伝統色を利用したい場合は、DICグラフィックス株式会社から発売されている日本の伝統色シリーズがオススメです。

DIC 日本の伝統色 第8版

Post navigation

タグ:日本画の色江戸の色顔料の色

この伝統色名が気に入ったらシェアをお願いします

「珊瑚色」関連の商品

楽天市場での商品検索結果8件ご紹介します。

着物の買い替えをお考えなら、着物の高価買取店情報でご確認ください。


参考にしている書籍

▲ページの先頭へ戻る