白/Shiro/#FFFFFD/

Shiro

色の名前Japan Color Name白(しろ)
ローマ字RomanizedShiro
RGB R:255 G:255 B:253
CMYK C:00 M:00 Y:01 K:00
Web カラーHex triplet#FFFFFD

色の説明

白(しろ)とは、日本の色名の中でも最古のものの一つで、光のすべてを反射する物の人間が知覚する表面に見える色のことです。白は無彩色で、黒の対語であり、色を区別するための最初の言葉として使われました。最古の歴史書『古事記』でも、黒、赤、青とならんで白が登場しています。

古代の日本人にとって、白は純真無垢 じゅんしんむくで潔白を表し、神事に関係ある神聖な色として特別な存在でした。この伝統は現在に至るも変わっていません。

-読み:しろ-

関連色:黒、

[Explanation of a color]

The Shiro, is one of the oldest among the color name in Japan, and is a color that appears on the surface of a human thing that reflects all of the light is perceived. White achromatic, is a Taigo of black, it was used as the first words to distinguish colors. History books of the oldest “But Kojiki”, White has appeared alongside black, red, and blue.

For the Japanese ancient, represents the innocence in the tabula rasa, white was a special existence as a sacred colors that are related to the ritual. This tradition leading to the current also has not changed.

-read:Shiro-

白

注意事項

表示されている色(RGB値)は色の名前に対するおおよそものです。色名によっては広範囲の色を指す場合や文献・書籍等によっては解釈が異なる場合もありますのでご了承ください。 ご利用の環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。

印刷などに伝統色を利用したい場合は、DICグラフィックス株式会社から発売されている日本の伝統色シリーズがオススメです。

DIC 日本の伝統色 第8版

Post navigation

タグ:古代の色

この伝統色名が気に入ったらシェアをお願いします

「白」関連の商品

楽天市場での商品検索結果8件ご紹介します。

着物の買い替えをお考えなら、着物の高価買取店情報でご確認ください。


参考にしている書籍

▲ページの先頭へ戻る