墨色/Sumi-iro/#000A02/

墨色Sumi-iro

色の名前Japan Color Name墨色(すみいろ)
ローマ字RomanizedSumi-iro
RGB R:000 G:010 B:002
CMYK C:90 M:80 Y:85 K:80
Web カラーHex triplet#000A02

色の説明

墨色(すみいろ)とは、「墨の五彩」、濃、焦、重、淡、清の焦にあたる黒に近い灰黒色のことです。書画に用いられる墨は、菜種油や松を燃やしてできた良質の煤(すす)を膠(にかわ)で練り香料を加えて固めたものです。染色は、墨を使うだけでなく、橡の樹木や檳榔子など、時代によってさまざまな素材が使われました。墨色は古来から僧侶の常服の色や凶事を表す色でしたが、近代に入ると装飾として普及していきました。

-読み:すみいろ-

関連する色の紹介

墨の五彩に関連する色の紹介

[Explanation of a color]

The Sumi-iro, it is a gray-black close to the black corresponding to focus of “five colors of ink.” Ink used on the document is what it is hardened by adding the batter fragrance glue in the soot of good quality that Deki burning pine and rapeseed oil. Staining, as well as use the ink, such as Biro-ko trees and horse chestnut, a variety of materials have been used by the era. Ink black was the color that represents the Kyoji color and clothes of ordinary monk from ancient times, but I continue to spread as decoration enters the modern.

-read:Sumi-iro-

墨色

注意事項

表示されている色(RGB値)は色の名前に対するおおよそものです。色名によっては広範囲の色を指す場合や文献・書籍等によっては解釈が異なる場合もありますのでご了承ください。 ご利用の環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。

印刷などに伝統色を利用したい場合は、DICグラフィックス株式会社から発売されている日本の伝統色シリーズがオススメです。

DIC 日本の伝統色 第8版

Post navigation

タグ:古代の色墨の五彩日本画の色

この伝統色名が気に入ったらシェアをお願いします

「墨色」関連の商品

楽天市場での商品検索結果8件ご紹介します。

着物の買い替えをお考えなら、着物の高価買取店情報でご確認ください。


参考にしている書籍

▲ページの先頭へ戻る