梅染/Umezome/#B48A76/

梅染Umezome

色の名前Japan Color Name梅染(うめぞめ)
ローマ字RomanizedUmezome
RGB R:180 G:138 B:118
CMYK C:00 M:23 Y:34 K:29
Web カラーHex triplet#B48A76

色の説明

梅染(うめぞめ)とは、紅梅の樹皮や根を煎じた汁で染めたものやその色のことです。赤みのある茶色のものを赤梅染、黒ずんだ茶色のものを黒梅染といいます。室町時代から加賀で行われている無地染の染色技法で、加賀染、お国染ともよばれていました。

-読み:うめぞめ-

「かたびらの事<略>ただ男は若きも老いたるも白き帷子似合候。其の外は梅染など能候」

『宗五大草紙』「衣装の事」武家故実の書。伊勢貞頼。享禄元年(一五二八)。

関連色:赤梅染、黒梅染

[Explanation of a color]

The Umezome, is of that color and those dyed with juice infused roots and bark of red plum blossoms. My name is “Kuroumezome” things brown “Akaumezome”, dark brown ones with the redness. In the staining technique of plain dyeing taking place in Kaga from the Muromachi period, it was called Kaga dyeing, also with your country dyed.

-read:Umezome-

梅染

注意事項

表示されている色(RGB値)は色の名前に対するおおよそものです。色名によっては広範囲の色を指す場合や文献・書籍等によっては解釈が異なる場合もありますのでご了承ください。 ご利用の環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。

印刷などに伝統色を利用したい場合は、DICグラフィックス株式会社から発売されている日本の伝統色シリーズがオススメです。

DIC 日本の伝統色 第8版

Post navigation

タグ:室町の色着物の色

この伝統色名が気に入ったらシェアをお願いします

「梅染」関連の商品

楽天市場での商品検索結果8件ご紹介します。

着物の買い替えをお考えなら、着物の高価買取店情報でご確認ください。


参考にしている書籍

▲ページの先頭へ戻る