紀州茶/Kishucha/#82663A/

紀州茶Kishucha

色の名前Japan Color Name紀州茶(きしゅうちゃ)
ローマ字RomanizedKishucha
RGB R:130 G:102 B:058
CMYK C:55 M:61 Y:86 K:11
Web カラーHex triplet

色の説明

紀州茶(きしゅうちゃ)とは、黄みの暗い茶色のことです。『銀煤竹 ぎんすすたけ』の別名。
江戸中期の亨保年間に小袖 こそでの色として流行した色です。

元は『銀煤竹』と呼ばれていた色ですが、徳川御三家の“紀州候”が愛好したことから、『紀州茶』の別名がつきました。
ちなみに『銀煤竹』は、茶道の千家三代目“千宗旦 せんのそうたん”も好んだ色と伝わっており、宗旦の息子が紀州徳川家に茶頭 さどうとして仕えたことから、歴代の藩主にも影響を与えたのではないでしょうか。

なお、色名の由来になった“紀州候”についてですが、年代的に将軍になる前の紀州藩主・“徳川吉宗”を指すものと思われます。
実際、吉宗には「延喜式」にみられる古代の染色法を研究するような趣味もありました。

そう考えると、『紀州茶』の色合いは、質素倹約を旨とする吉宗がいかにも好みそうではありませんか?

-読み:きしゅうちゃ-

関連する色の紹介

[Explanation of a color]

The Kishucha is a yellowish dark brown. Another name for Ginsutake. Kosode is a popular color in the middle of the Edo period.

The original color was called “Ginsusutake”, but it was named after “Kishucha” because it was loved by Tokugawa Gosan’s “Kishun”. By the way, “Ginsusutake” is transmitted as a color that also preferred the third generation of tea ceremony “Sen no Soutan”, and since the son of ‘Soutan’ served Kishu Tokugawa as a ‘Tea’, even to the lords of successive generations I guess that did not affect you.

In addition, about “Kishucha” from which the color name was derived, it seems to refer to Kishu lord “Tokugawa Yoshimune” before becoming general in chronological order. In fact, ‘Yoshimune’ also had a taste to study the ancient dyeing methods found in ‘Engishiki’.

If you think so, isn’t the color of “Kishucha” likely to be liked by ‘Yoshimune’ that purports to be a simple rule?

-read:Kishucha-

Post navigation


Pintarestでシェアする際にご利用ください。

紀州茶(Kishucha)

注意事項

表示されている色(RGB値)は色の名前に対するおおよそものです。色名によっては広範囲の色を指す場合や文献・書籍等によっては解釈が異なる場合もありますのでご了承ください。 ご利用の環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。

印刷などに伝統色を利用したい場合は、DICグラフィックス株式会社から発売されている日本の伝統色シリーズがオススメです。

DIC 日本の伝統色 第8版


タグ:人名由来の色江戸の色

この伝統色名が気に入ったらシェアをお願いします

この記事のタイトルとURLをコピーする

「紀州茶」関連の商品

楽天市場での商品検索結果1件ご紹介します。

着物の買い替えをお考えなら、まずは高く売りましょう!紀州茶の着物を売る。着物買取情報はこちら!


参考にしている書籍

▲ページの先頭へ戻る