紺鼠/Konnezu/#3F4551/

紺鼠Konnezu

色の名前Japan Color Name紺鼠(こんねず)
ローマ字RomanizedKonnezu
RGB R:063 G:069 B:081
CMYK C:30 M:15 Y:00 K:80
Web カラーHex triplet

色の説明

紺鼠(こんねず)とは、わずかに青色がかった暗い鼠色のことです。色名は文字どおり『紺色 こんいろ』がかった『鼠色 ねずみいろ』から。江戸時代に誕生した色で、くすんだ紺色である『紺滅 こんけし』よりさらに青みが少なく、渋みが増した色となっています。

江戸の頃は「奢侈禁止令 しゃしきんしれい』がたびたび施行され、派手な色が禁止されたこともあり、鼠色や茶色が「四十八茶百鼠 しじゅうはっちゃひゃくねずみ」として大流行しました。人々はわずかな色の違いに名前を付けて、地味な色を「いき」に楽しんだのです。

この頃に生まれた鼠色には、色相の違いから派生した『臙脂鼠 えんじねず』『紅鼠 べにねず』『藍鼠 あいねず』『銀鼠 ぎんねず』などの他に、地名から派生した『嵯峨鼠 さがねず』『深川鼠 ふかがわねず』、人名から派生した『小町鼠 こまちねず』など色も名前もじつにさまざまです。

-読み:こんねず-

関連する色の紹介

[Explanation of a color]

The Konnezu, is a dark gray slightly bluish. Color name was tinged literally “Kon-iro” from “Nezumi-iro”. A color that was born in the Edo era, a Kon-iro dull “Konkeshi” still less blue than, has become a bitterness has increased color.

Edo of time is often enforced the “luxury ban”, sometimes flashy colors is prohibited, Nezumi-iro and Cha-iro was all the rage as “Shijuhacha-Hyakunezumi”. People name the slight differences in color, it enjoyed a sober color to “Iki”.

The gray was born in this time, to the other, such as derived from the difference of hue “Enjinezu”, “Beninezu”, “Ainezu” “Ginnezu”, derived from the place name “Soganezu” “Fukagawanezu”, derived from the person’s name “Komachinezu” The color is also the name is also quite different, such as.

-read: Konnezu-

注意事項

表示されている色(RGB値)は色の名前に対するおおよそものです。色名によっては広範囲の色を指す場合や文献・書籍等によっては解釈が異なる場合もありますのでご了承ください。 ご利用の環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。

印刷などに伝統色を利用したい場合は、DICグラフィックス株式会社から発売されている日本の伝統色シリーズがオススメです。

DIC 日本の伝統色 第8版

Post navigation

タグ:四十八茶百鼠江戸の色

この伝統色名が気に入ったらシェアをお願いします

この記事のタイトルとURLをコピーする

「紺鼠」関連の商品

楽天市場での商品検索結果8件ご紹介します。

着物の買い替えをお考えなら、まずは高く売りましょう!着物の高価買取店情報


参考にしている書籍

▲ページの先頭へ戻る