臙脂鼠/Enji-nezu/#85646C/

臙脂鼠Enji-nezu

色の名前Japan Color Name臙脂鼠(えんじねず)
ローマ字RomanizedEnji-nezu
RGB R:133 G:100 B:108
CMYK C:00 M:35 Y:9 K:60
Web カラーHex triplet

色の説明

臙脂鼠(えんじねず)は、重厚かつ華やかな紅みがかった鼠色 ねずみいろのことです。

臙脂鼠は江戸期に人気があった色で、『四十八茶百鼠 しじゅうはっちゃひゃくねず』と呼ばれる流行色のひとつ。

江戸時代は『百鼠』といわれるように、たくさんの鼠色が生まれましたが、紅みの鼠色だけでも『紅鼠 べにねず』『小豆鼠 あずきねず』『桜鼠 さくらねずみ』『梅鼠 うめねずみ』など多数みられます。

ちなみに、色名の「臙脂 えんじ」ですが、当時は『臙脂色 えんじいろ』が色名として確立していなかったことから、化粧紅のブランド名『臙脂』の色を表現した鼠色ということでしょう。

-読み:えんじねず-

関連する色の紹介

[Explanation of a color]

The Enjinezu is gray and glittery reddish gray.

Enjinezu is a color popular in the Edo period, one of the fashion colors called “Shijuhacha-Hyakunezu”.

As Edo period said “Hyakunezu”, a lot of gray was born, but there are many such as “Beninezu” “Azukinezu” “Sakuranezumi” “Umenezumi” etc. even with only the red mine gray.

By the way, although it is the color name “Enji”, it will be said to be the gray which expressed the color of the brand name “Enji” of cosmetic scarlet, because “Enji-iro” was not established as a color name at the time.

-read: Enji-nezu-

注意事項

表示されている色(RGB値)は色の名前に対するおおよそものです。色名によっては広範囲の色を指す場合や文献・書籍等によっては解釈が異なる場合もありますのでご了承ください。 ご利用の環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。

印刷などに伝統色を利用したい場合は、DICグラフィックス株式会社から発売されている日本の伝統色シリーズがオススメです。

DIC 日本の伝統色 第8版

Post navigation

タグ:四十八茶百鼠江戸の色

この伝統色名が気に入ったらシェアをお願いします

この記事のタイトルとURLをコピーする

「臙脂鼠」関連の商品

楽天市場での商品検索結果2件ご紹介します。

着物の買い替えをお考えなら、まずは高く売りましょう!着物の高価買取店情報


参考にしている書籍

▲ページの先頭へ戻る