淡黄蘗/Usukihada/#F9F1C0/

淡黄蘗Usukihada

色の名前Japan Color Name淡黄蘗(うすきはだ)
ローマ字RomanizedUsukihada
RGB R:249 G:241 B:192
CMYK C:00 M:02 Y:30 K:05
Web カラーHex triplet

色の説明

淡黄蘗(うすきはだ)とは、黄蘗染 きはだぞめの薄い色で明るく淡い黄色のことです。薄い黄色を表す『淡黄 たんこう』よりも更に薄い色になります。ちなみに『黄蘗 きはだ』は『刈安 かりやす』と並んで日本の代表的な黄染の染料であり色名です。

黄蘗とはミカン科の落葉高木。日本全土に自生し樹皮をはぐと黄色の内皮があらわれることからこの名がつけられました。黄蘗の樹皮は「おうばく」とも呼ばれ、古くから染料や腹痛に効く漢方薬として用いられてきました。平安時代の『延喜式 えんぎしき』によれば藍と黄蘗で『』や『藍色 あいいろ』を染めたという記述があります。また、黄蘗による黄染は紙を染めると虫食いを防ぐ効果があることから、写経用の染紙にも用いらました。

明るいのに儚げ はかなげな雰囲気のある『淡黄蘗』は、まるで暗い水平線から顔を出したばかりの月の色のようです。

-読み:うすきはだ-

関連する色の紹介

[Explanation of a color]

The Usukihada, is a bright pale yellow with a thin color of Kihadazome. Than “Tankou” representing a thin yellow will be even thinner color. By the way, “Kihada” is the color name is the dye of the typical yellow dye of Japan, along with “Kariyasu”.

Deciduous tree of the citrus family and Kihada. Bark native to Japan throughout and this name from the fact that yellow endothelial appears was attached. Bark of Kihada is also referred to as “Oubaku”, it has been used as a herbal medicine to work in dye and abdominal pain for a long time. According to the “Engishiki” of the Heian period there is a description that was dyed a “green” and “Ai-iro” in indigo and KIhada. In addition, since it is Kisome by KIhada that there is an effect of preventing the worm-eaten and dye the paper, was Mashi et al also used in dyeing paper for Sutras.

Bright but a Hakanage transience-up atmosphere “Usukihada” is like the color of the moon just came out like from a dark horizon.

-read: Usukihada-

注意事項

表示されている色(RGB値)は色の名前に対するおおよそものです。色名によっては広範囲の色を指す場合や文献・書籍等によっては解釈が異なる場合もありますのでご了承ください。 ご利用の環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。

印刷などに伝統色を利用したい場合は、DICグラフィックス株式会社から発売されている日本の伝統色シリーズがオススメです。

DIC 日本の伝統色 第8版

Post navigation

タグ:平安の色染めの色植物の色

この伝統色名が気に入ったらシェアをお願いします

この記事のタイトルとURLをコピーする

「淡黄蘗」関連の商品

楽天市場での商品検索結果3件ご紹介します。

着物の買い替えをお考えなら、まずは高く売りましょう!着物の高価買取店情報


参考にしている書籍

▲ページの先頭へ戻る