洗柿/Araigaki/#F0B694/

洗柿Araigaki

色の名前Japan Color Name洗柿(あらいがき)
ローマ字RomanizedAraigaki
RGB R:240 G:182 B:148
CMYK C:00 M:25 Y:30 K:05
Web カラーHex triplet#F0B694

色の説明

洗柿(あらいがき)とは、柿色が淡くなった橙色のことです。「洗柿」とは、洗って晒され薄くなった柿色の意味です。西鶴の『好色一代男』にも洗柿という色の染色の色名が使われていて、それがあまりきれいな色とは思われなかったことがわかります。ちなみに「洗」という修飾語はオレンジから赤系統の染色によく使われていました。

-読み:あらいがき-

「あらひがきの合帷子に、ふと布の花色羽織りに2」

『好色一代男』浮世草子。井原西鶴著。天和二年(一六八二)。

関連色:柿色橙色

[Explanation of a color]

The Araigaki, it is that orange Kaki-iro became faint. The “Araigaki” is the meaning of that Kaki-iro thinned exposed to wash. You can see that the color name of the stain of color that is washing persimmon is used of Saikaku also “Koushoku ichidaiotoko”, did not appear to color beautiful much it. By the way modifier “Arai” was often used for dyeing red system from Orange.

-read:Araigaki-

洗柿

注意事項

表示されている色(RGB値)は色の名前に対するおおよそものです。色名によっては広範囲の色を指す場合や文献・書籍等によっては解釈が異なる場合もありますのでご了承ください。 ご利用の環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。

印刷などに伝統色を利用したい場合は、DICグラフィックス株式会社から発売されている日本の伝統色シリーズがオススメです。

DIC 日本の伝統色 第8版

Post navigation

タグ:江戸の色焼き物の色

この伝統色名が気に入ったらシェアをお願いします

「洗柿」関連の商品

楽天市場での商品検索結果8件ご紹介します。

着物の買い替えをお考えなら、着物の高価買取店情報でご確認ください。


参考にしている書籍

▲ページの先頭へ戻る