藤色/Fuji-iro/#BAA7CC/

藤色Fuji-iro

色の名前Japan Color Name藤色(ふじいろ)
ローマ字RomanizedFuji-iro
RGB R:186 G:167 B:204
CMYK C:32 M:37 Y:06 K:00
Web カラーHex triplet#BAA7CC

色の説明

藤色(ふじいろ)とは、藤の花からきた色名で淡い青みのある紫色のことです。古くから馴染み深い色であり、『若紫』とも呼ばれます。平安時代から近代にかけて日本女性の服色として好まれ、その時々の流行色として現れました。明治以降にも「大正藤」や「小町藤」などの変相色も生まれています。襲の色目としては、「表・淡紫、裏・青」、「表・紫、裏・薄紫」など数種類が見られ、その多くは面の色が淡紫となっています。

-読み:ふじいろ-

「金の四目貫うつて鼠屋が藤色の糸、平印籠に色革の巾着」

『好色一代男』浮世草子。井原西鶴作。天和二年(一六八二)刊。

関連色:、若紫、大正藤、小町藤

[Explanation of a color]

The Fuji-iro, with color names came from wisteria, it is purple with a pale blue taste. It is a familiar color for a long time, which is also known as “Wakamurasaki”. Preferred as clothes colors of Japanese women during the modern era of peace, I appeared as a fashionable color at different times. The phase change color or “Taisho Fuji” and “Komachi Fuji” even after the Meiji era also are born. The color of the raid, several “purple light-table, back-blue”, “table, purple, light purple back,” and can be seen, the color of the surface has become a pale purple and many.

-read: Fuji-iro-

藤色

注意事項

表示されている色(RGB値)は色の名前に対するおおよそものです。色名によっては広範囲の色を指す場合や文献・書籍等によっては解釈が異なる場合もありますのでご了承ください。 ご利用の環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。

印刷などに伝統色を利用したい場合は、DICグラフィックス株式会社から発売されている日本の伝統色シリーズがオススメです。

DIC 日本の伝統色 第8版

Post navigation

タグ:万葉の色平安の色花の色襲の色

この伝統色名が気に入ったらシェアをお願いします

「藤色」関連の商品

楽天市場での商品検索結果7件ご紹介します。

着物の買い替えをお考えなら、着物の高価買取店情報でご確認ください。


参考にしている書籍

▲ページの先頭へ戻る