若紫/Wakamurasaki/#BE84B8/

若紫Wakamurasaki

色の名前Japan Color Name若紫(わかむらさき)
ローマ字RomanizedWakamurasaki
RGB R:190 G:132 B:184
CMYK C:28 M:55 Y:00 K:00
Web カラーHex triplet

色の説明

若紫(わかむらさき)とは、明るい紅みの紫色のことです。若紫は『源氏物語』にもみられる有名な色名ですが、当時は色名としては確立しておらず、それ以前の和歌などを見ても、色名というより若い(明るい)紫を表す形容詞または掛詞として使われていました。
当時薄い紫といえば『薄色 うすいろ』『浅紫 あさむらさき』がありますが、若紫はそれよりも濃い色です。

若紫が色名になって登場するのは江戸時代からであり、歌舞伎や浄瑠璃などに華やかで若々しい紫色としてえがかれています。

-読み:わかむらさき-

関連する色の紹介

[Explanation of a color]

The Wakamurasaki, it is a bright red Mino purple. Wakamurasaki is the “Tale of Genji” Nimomi be famous color name, but it is not established as a color name at the time, even looking at such earlier waka, young rather than a color name (bright) adjective that represents the purple or it was used as Kakekotoba.
Speaking of time thin purple there is “light color”, “shallow purple” but, Wakamurasaki is darker than that.

The Wakamurasaki is now a color name is from the Edo era, it has been portrayed as glamorous and youthful purple such as Kabuki and Joruri.

-read: Wakamurasaki-

注意事項

表示されている色(RGB値)は色の名前に対するおおよそものです。色名によっては広範囲の色を指す場合や文献・書籍等によっては解釈が異なる場合もありますのでご了承ください。 ご利用の環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。

印刷などに伝統色を利用したい場合は、DICグラフィックス株式会社から発売されている日本の伝統色シリーズがオススメです。

DIC 日本の伝統色 第8版

Post navigation

タグ:江戸の色着物の色

この伝統色名が気に入ったらシェアをお願いします

この記事のタイトルとURLをコピーする

「若紫」関連の商品

楽天市場での商品検索結果8件ご紹介します。

着物の買い替えをお考えなら、まずは高く売りましょう!着物の高価買取店情報


参考にしている書籍

▲ページの先頭へ戻る