藤納戸/Fujinando/#606DA1/

藤納戸Fujinando

色の名前Japan Color Name 藤納戸(ふじなんど)
ローマ字Romanized Fujinando
RGB R:096 G:109 B:161
CMYK C:60 M:45 Y:00 K:25
Web カラーHex triplet

色の説明

藤納戸(ふじなんど)とは、灰みを帯びた淡い青紫色のことです。『藤御納戸』とも。  『納戸色 なんどいろ』は江戸時代に流行した代表的な青系の色で、納戸の暗がりの色とも、納戸の垂れ幕の色ともいわれます。その色に平安の昔から多くの女性に愛された『藤色』を組み合わせた色で、江戸後期にできた色名だと思われます。
落ち着きのある大人びた印象の色合いから現代でも着物などの色として人気です。

-読み:ふじなんど-

関連する色の紹介

[Explanation of a color]

The Fujinando, it is a pale blue purple tinged with Hai-mi. As “Fujigo closet”. “Closet color” is a typical bluish color was popular in the Edo era, with the dark color of the NAND, is also said to be the color of the banner of the NAND. In color which is a combination of “mauve” which was loved by many women from the old days of peace in its color, it seems to be a color name that was able to late Edo period.
Even today from shades of grown-up impression that calm is a popular as color, such as kimono.

-read: Fujinando-

注意事項

表示されている色(RGB値)は色の名前に対するおおよそものです。色名によっては広範囲の色を指す場合や文献・書籍等によっては解釈が異なる場合もありますのでご了承ください。 ご利用の環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。

印刷などに伝統色を利用したい場合は、DICグラフィックス株式会社から発売されている日本の伝統色シリーズがオススメです。

DIC 日本の伝統色 第8版

Post navigation

タグ:江戸の色着物の色

この伝統色名が気に入ったらシェアをお願いします

この記事のタイトルとURLをコピーする

「藤納戸」関連の商品

楽天市場での商品検索結果4件ご紹介します。

着物の買い替えをお考えなら、まずは高く売りましょう!着物の高価買取店情報


参考にしている書籍

▲ページの先頭へ戻る