鶸色/Hiwa-iro/#D6D000/

鶸色Hiwa-iro

色の名前Japan Color Name鶸色(ひわいろ)
ローマ字RomanizedHiwa-iro
RGB R:214 G:208 B:000
CMYK C:15 M:00 Y:100 K:15
Web カラーHex triplet#D6D000

色の説明

鶸色(ひわいろ)とは、鶸の羽の色にちなんだ色名で、黄みの強い明るい萌黄色のことです。鶸はスズメ目アトリ科の小鳥で北海道で繁殖する他、大陸から冬鳥として全国に渡来します。鎌倉時代の武士が礼服に用いた狩衣を表した『布衣記(ほいき)』狩衣事(かりいぎぬごと)の項に見られることから鎌倉以降の色名と思われます。鶯色に比べるとより鮮やかな色を指しており、緑みが強くなると鶸萌黄、さらに緑がかると萌黄色、茶みが加わると鶸茶とよばれます。

-読み:ひわいろ-

関連色:萌黄色鶯色鶸萌黄

[Explanation of a color]

The Hiwa-iro, with color name named after the color of the feathers finches, it is a bright strong yellowish light green. Other breed in Hokkaido in passerine birds Fringillidae, Khiva is brought over the country as a winter visitor from the continent. It seems that color name of Kamakura or later be seen in the section representing the Kariginu samurai of the Kamakura period was used in formal dress of “blowing-mentioned” Kariginu events. It may point to more vibrant colors compared to greenish brown, it is called a tea light green finches, Chami is applied finches light green, green and green hunt further taste becomes stronger.

-read:Hiwa-iro-

鶸色

注意事項

表示されている色(RGB値)は色の名前に対するおおよそものです。色名によっては広範囲の色を指す場合や文献・書籍等によっては解釈が異なる場合もありますのでご了承ください。 ご利用の環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。

印刷などに伝統色を利用したい場合は、DICグラフィックス株式会社から発売されている日本の伝統色シリーズがオススメです。

DIC 日本の伝統色 第8版

Post navigation

タグ:鎌倉の色鳥の羽色

この伝統色名が気に入ったらシェアをお願いします

「鶸色」関連の商品

楽天市場での商品検索結果8件ご紹介します。

着物の買い替えをお考えなら、着物の高価買取店情報でご確認ください。


参考にしている書籍

▲ページの先頭へ戻る