朽葉色/Kuchiba-iro/#917347/

朽葉色Kuchiba-iro

色の名前Japan Color Name朽葉色(くちばいろ)
ローマ字RomanizedKuchiba-iro
RGB R:145 G:115 B:071
CMYK C:00 M:21 Y:51 K:43
Web カラーHex triplet#917347

色の説明

朽葉色(くちばいろ)とは、くすんだ赤みがかった黄色のことです。織り色・染め色・重ね色の三種があり、秋の落ち葉の色を表す王朝風の優雅な伝統色名です。襲の色目としては、「表・濃紅、裏・濃黄」で、着用時期は秋になります。江戸時代には茶系統としてひきつがれ、「四十八茶百鼠(しじゅうはっちゃひゃくねず)」といわれるようになり、赤みが強い色を「赤朽葉」、黄色みが強い色を「黄朽葉」と呼ぶなど、微妙な色の違いを見分けています。

-読み:くちばいろ-

「いときよらなる朽葉の羅、今様色の二なく打ちたるなど、ひき散らしたまへり」

『源氏物語』「野分」紫式部。

関連色:黄色、赤朽葉、黄朽葉

[Explanation of a color]

The Kuchiba-iro, it is a yellow reddish dull. There are three types of color-layered dye-color weave, it is an elegant traditional color name of the dynasty wind that is the color of the falling leaves of autumn. Taken over as brownish in the Edo era, it came to be known as “Shijuuhacha Hyakunezu” and “Akakutsuba” strong color is red, and referred to as “Kikutsuba” strong color is yellow look, subtle color I have to discern the differences between the.

-read:Kuchiba-iro-

朽葉色

注意事項

表示されている色(RGB値)は色の名前に対するおおよそものです。色名によっては広範囲の色を指す場合や文献・書籍等によっては解釈が異なる場合もありますのでご了承ください。 ご利用の環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。

印刷などに伝統色を利用したい場合は、DICグラフィックス株式会社から発売されている日本の伝統色シリーズがオススメです。

DIC 日本の伝統色 第8版

Post navigation

タグ:平安の色江戸の色襲の色

この伝統色名が気に入ったらシェアをお願いします

「朽葉色」関連の商品

楽天市場での商品検索結果8件ご紹介します。

着物の買い替えをお考えなら、着物の高価買取店情報でご確認ください。


参考にしている書籍

▲ページの先頭へ戻る