楝色/Ouchi-iro/#a596c7/

楝色Ouchi-iro

色の名前Japan Color Name楝色(おうちいろ)
ローマ字RomanizedOuchi-iro
RGB R:165 G:150 B:199
CMYK C:43 M:43 Y:05 K:00
Web カラーHex triplet#a596c7

色の説明

楝色(おうちいろ)とは、初夏に咲く楝の花のような薄い青紫色のことです。楝は栴檀(せんだん)の古称で古くから親しまれてきたセンダン科の落葉高木。栴壇と呼ばれるようになったのは焼くと香木のようないい香りがするからです。平安時代には五月五日の節句の日に菖蒲や蓬(よもぎ)と共に飾られ、邪気を払うものとして用いていましたが、中世頃からは不浄の木として、斬罪の生首を懸けるのに用いられたことが『平家物語』に見られます。襲の色目としては、四月〜五月のものを「表・紫あるいは薄色、裏・青」に配した色目で表現しています。

-読み:おうちいろ-

関連色:青紫、薄色

[Explanation of a color]

The Ouchi-iro, It is a light blue purple like a flower of Ouchi blooming in early summer. Ouchi The deciduous tree of the Meliaceae has been popular for a long time in ancient name of satinwood. Good fragrance such as the fragrant wood is because to the came to be called Sendan it and bake. Decorated along with mugwort and iris on the day of the festival of May 5 is the Heian period, it was used as what you pay illness, but as a tree unclean, it is used to risk one’s Namakubi of Zanzai from the Middle Ages around I can be seen in “the Tale of the Heike” that was. The color of the prone, we are represented by color decor “light color, back, blue, purple or table” to those of April-May.

-read:Ouchi-iro-

楝色

注意事項

表示されている色(RGB値)は色の名前に対するおおよそものです。色名によっては広範囲の色を指す場合や文献・書籍等によっては解釈が異なる場合もありますのでご了承ください。 ご利用の環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。

印刷などに伝統色を利用したい場合は、DICグラフィックス株式会社から発売されている日本の伝統色シリーズがオススメです。

DIC 日本の伝統色 第8版

Post navigation

タグ:平安の色花の色襲の色

この伝統色名が気に入ったらシェアをお願いします


参考にしている書籍

▲ページの先頭へ戻る