胆礬色/Tanba-iro/#007D7A/

胆礬色Tanba-iro

色の名前Japan Color Name胆礬色(たんばいろ)
ローマ字RomanizedTanba-iro
RGB R:000 G:125 B:122
CMYK C:80 M:00 Y:40 K:40
Web カラーHex triplet#007D7A

色の説明

胆礬色(たんばいろ)とは、深く渋い青緑色のことです。ちなみに、胆礬 たんばんとは銅の硫酸塩鉱物でる青い半透明の結晶体のこと。石炭を掘った坑道の壁から発見されました。
歌舞伎では恐怖で青くなった顔色の形容にも使われています。

-読み:たんばいろ-

関連色:藍色鳩羽色鳩羽鼠、鳩羽紫

[Explanation of a color]

The Tanba-iro, it is a deeply bitter blue-green. By the way, can be found in blue rather than semi-transparent crystal body exiting sulfate minerals of copper and Tanban. It was discovered from the wall of the tunnel that was dug coal. It is also used in the epithet of complexion turned pale with fear in Kabuki.

-read:Tanba-iro-

注意事項

表示されている色(RGB値)は色の名前に対するおおよそものです。色名によっては広範囲の色を指す場合や文献・書籍等によっては解釈が異なる場合もありますのでご了承ください。 ご利用の環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。

印刷などに伝統色を利用したい場合は、DICグラフィックス株式会社から発売されている日本の伝統色シリーズがオススメです。

DIC 日本の伝統色 第8版

Post navigation

タグ:歌舞伎の色江戸の色自然の色

この伝統色名が気に入ったらシェアをお願いします


参考にしている書籍

▲ページの先頭へ戻る