老緑/Oimidori/#405C36/

老緑Oimidori

色の名前Japan Color Name老緑(おいみどり)
ローマ字RomanizedOimidori
RGB R:064 G:092 B:054
CMYK C:45 M:00 Y:60 K:70
Web カラーHex triplet

色の説明

老緑(おいみどり)とは、老松 おいまつの葉のような灰みを帯びた深い緑色のことです。常緑針葉高木の松が年輪を重ねて年を経たものを「老松 おいまつ」と呼びますが、その老松の深く渋い葉の色を象徴化した色名。また、明るい若葉の色である『若緑 わかみどり』の対語にあたります。

ちなみに、「若」と「老」は主に緑系の色を形容するのに使われる修飾語であり、「若」は明るい、鮮やかさを、「老」はくすんだ、鈍い、暗いなどを形容しています。

「若」と「老」がつく日本の伝統色名には他に、『若竹色 わかたけいろ』『老竹色 おいたけいろ』などがみられますが、紫系の色の『若紫 わかむらさき』の対になる『老紫』という色はありません。

-読み:おいみどり-

関連する色の紹介

[Explanation of a color]

The Oimidori, it is a green lived want tinged with gray, such as the leaves of Oimatsu. Pine evergreen needle Hagi is called a “Oimatsu” those over the years piled the tree rings, but color name that symbolizes the color of the deeply bitter leaf. In addition, I will hit in-word of which is the color of bright young leaves “verdant green”. “Young” and “old” is primarily a modifier used to epithet the color of the green system, “young” is bright, the vividness, “wax” dull, dull, and then epithet is like dark have. By the way, color names that get the “young” and “old” to other, and “young bamboo”, “old bamboo”.

-read: Oimidori-

注意事項

表示されている色(RGB値)は色の名前に対するおおよそものです。色名によっては広範囲の色を指す場合や文献・書籍等によっては解釈が異なる場合もありますのでご了承ください。 ご利用の環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。

印刷などに伝統色を利用したい場合は、DICグラフィックス株式会社から発売されている日本の伝統色シリーズがオススメです。

DIC 日本の伝統色 第8版

Post navigation

タグ:植物の色江戸の色着物の色

この伝統色名が気に入ったらシェアをお願いします

この記事のタイトルとURLをコピーする

「老緑」関連の商品

楽天市場での商品検索結果6件ご紹介します。

着物の買い替えをお考えなら、まずは高く売りましょう!着物の高価買取店情報


参考にしている書籍

▲ページの先頭へ戻る