千草色/Chigusa-iro/#3A8FB7/

千草色Chigusa-iro

色の名前Japan Color Name千草色(ちぐさいろ)
ローマ字RomanizedChigusa-iro
RGB R:058 G:143 B:183
CMYK C:83 M:31 Y:17 K:00
Web カラーHex triplet#3A8FB7

色の説明

千草色(ちぐさいろ)とは、わずかに緑みを帯びた明るい青色のことです。色名の千草とは鴨頭草 つきくさから転訛した名で露草のこと。藍染による浅葱色と花色の間の色調で、多くは重ね染の下地色として用いられました。
江戸時代の染色指南書『手鑑模様節用』には「京師にてそらいろを ちくさいろといふ」とあり、主に近畿地方で使われていと思われます。ただし、厳密には空色は千草色より少し明るく、かすかに紫みを含んだ色です。

-読み:ちぐさいろ-

関連色:浅葱色、花色、空色

[Explanation of a color]

The Chigusa-iro, it is a bright blue-tinged greenish slightly. The thing Tsuyukusa a name that was corruption from Tsukikusa and Chigusa of color name. Tones between Hana-iro and Asagi-iro by Aizen, I was used as a base color of the dyed superimposed many.
There is the “awe and Chikusa-iro the Sora-iro in metropolis” staining teaching manual of the Edo period to the “TekagamimoyouSetsuyou”, it is assumed to have been used in the Kinki region mainly. However, Sora-iro is the color a bit brighter than Chigusa-iro, including Purplish faintly in the strict sense.

-read:Chigusa-iro-

千草色

注意事項

表示されている色(RGB値)は色の名前に対するおおよそものです。色名によっては広範囲の色を指す場合や文献・書籍等によっては解釈が異なる場合もありますのでご了承ください。 ご利用の環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。

印刷などに伝統色を利用したい場合は、DICグラフィックス株式会社から発売されている日本の伝統色シリーズがオススメです。

DIC 日本の伝統色 第8版

Post navigation

タグ:手鑑模様節用植物の色江戸の色

この伝統色名が気に入ったらシェアをお願いします

「千草色」関連の商品

楽天市場での商品検索結果8件ご紹介します。

着物の買い替えをお考えなら、着物の高価買取店情報でご確認ください。


参考にしている書籍

▲ページの先頭へ戻る