甚三紅/Jinzamomi/#D23F40/

甚三紅Jinzamomi

色の名前Japan Color Name甚三紅(じんざもみ)
ローマ字RomanizedJinzamomi
RGB R:210 G:63 B:64
CMYK C:00 M:85 Y:64 K:15
Web カラーHex triplet#D23F40

色の説明

甚三紅(じんざもみ)とは、蘇芳による紅染めの代用染で黄みがかった紅色のことです。江戸初期の承応年間(1652-1655)、紅花を使わずに『紅梅色 こうばいいろ』の絹布を染めだした京の「桔梗屋甚三郎 ききょうやじんざぶろう」が色名の由来です。『甚三紅絹 じんざもみ』との表記も。

江戸時代も華やかな紅赤系の色は人気でしたが、紅花をつかった紅染はとても高価であったため、幕府によって度々 禁制になっていました。それに対し、蘇芳を使った甚三紅は安価に染められることから、禁制にされることがなく、庶民達の愛好色として広まっていきました。

-読み:じんざもみ-

関連する色の紹介

[Explanation of a color]

The Jinzamomi is refers to the red of red density of moderate crimson yellowish hue. A substitute red dyed with madder or sappanwood instead of safflower, silk solid color light pink that (1652-1655), balloon flower shop Jinzaburo Kyoto Ounen between Chengde was Somedashi is the origin of the name. Is not forbidden The Jinzamomi because it was cheaper for the red, and it was with love color of ordinary people.

-read:Jinzamomi-

甚三紅

注意事項

表示されている色(RGB値)は色の名前に対するおおよそものです。色名によっては広範囲の色を指す場合や文献・書籍等によっては解釈が異なる場合もありますのでご了承ください。 ご利用の環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。

印刷などに伝統色を利用したい場合は、DICグラフィックス株式会社から発売されている日本の伝統色シリーズがオススメです。

DIC 日本の伝統色 第8版

Post navigation

タグ:人名由来の色江戸の色着物の色

この伝統色名が気に入ったらシェアをお願いします

「甚三紅」関連の商品

楽天市場での商品検索結果8件ご紹介します。

着物の買い替えをお考えなら、着物の高価買取店情報でご確認ください。


参考にしている書籍

▲ページの先頭へ戻る