雀茶/Suzumecha/#982E21/

雀茶Suzumecha

色の名前Japan Color Name雀茶(すずめちゃ)
ローマ字RomanizedSuzumecha
RGB R:152 G:046 B:033
CMYK C:25 M:75 Y:75 K:20
Web カラーHex triplet#982E21

色の説明

雀茶(すずめちゃ)とは、雀の頭の色のような赤黒い褐色のことです。「雀色」と呼ぶことがありますが、同じ色という説と雀茶のほうが雀の背の色なので灰色が強いという説の2つがあります。ちなみに江戸の当時、「四十八茶百鼠」といって褐色系と灰色系の色が大流行したため、「樺茶」などのように古来からの色名に「茶」とつけて呼びなおしたり、実際には灰色系や褐色系ではない色に「鼠」「茶」とつけている例なども多く見受けられます。

-読み:すずめちゃ-

関連色:赤褐色雀色樺茶

[Explanation of a color]

The Suzumecha, it is a dark red-brown color, such as the head of the sparrow. The two theories are sometimes referred to as “Suzume-iro” but gray is stronger towards the sparrow tea and theory that the same color because the color of the back of a sparrow, but there. By the way, for those days, color of grayish brown and system was all the rage to say “Shijuhacha Hyakunezumi” of Edo, you can again call it with the “cha” in the color name from the ancient times, such as “kabacha”, and examples that put “nezumi” and “cha” in the color that is not a brownish gray or system will also be often seen in practice.

-read:Suzumecha-

雀茶

注意事項

表示されている色(RGB値)は色の名前に対するおおよそものです。色名によっては広範囲の色を指す場合や文献・書籍等によっては解釈が異なる場合もありますのでご了承ください。 ご利用の環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。

印刷などに伝統色を利用したい場合は、DICグラフィックス株式会社から発売されている日本の伝統色シリーズがオススメです。

DIC 日本の伝統色 第8版

Post navigation

タグ:四十八茶百鼠江戸の色

この伝統色名が気に入ったらシェアをお願いします

「雀茶」関連の商品

楽天市場での商品検索結果7件ご紹介します。

着物の買い替えをお考えなら、着物の高価買取店情報でご確認ください。


参考にしている書籍

▲ページの先頭へ戻る