殿茶/Tonocha/#84a1a8/

殿茶Tonocha

色の名前Japan Color Name殿茶(とのちゃ)
ローマ字RomanizedTonocha
RGB R:132 G:161 B:168
CMYK C:30 M:00 Y:08 K:40
Web カラーHex triplet

色の説明

殿茶(とのちゃ)とは、灰みがかった青緑色のことです。『沈香茶 とのちゃ』の別表記。

殿茶の色名は、江戸初期の『御染物聞書日記』(一六八八)に「殿茶小紋 とのちゃこもん」と見えているように、古くから行われた染色です。

江戸時代の染色技法の指南書「手鑑模様節用 てかがみもようせつよう」にも『御召御納戸 おめしおなんど』の薄い色を『殿茶』と呼ぶと記されており、その染色に灰みの青緑色が示されています。

「当世御めしなんどの、うすいろなるを殿茶といひ出したる事、殿の響きより御召のうらぎぬと、案をつけたるまでにて、べつにしさいなし。一とう通用の名にはあらず」手鑑模様節用

この色がなぜ『沈香茶』の字をあてた別表記があるのか、詳細は不明です。

-読み:とのちゃ-

関連する色の紹介

[Explanation of a color]

The Tonocha is a grayish blue-green color. Another representation of “沈香茶”.

The color name of the tea ceremony is dyeing done from long ago as it seems to be “Tonochakomon” in “Osomemono-monjo-nikki” (1688) in the early Edo period.

It is stated that the light color of “Omeshionando” is called “Tonocha” also in the teaching book “Tekagamimoyou-setsuyou” of the dyeing technique of the Edo period, and the ash-like blue-green color is shown in the dyeing.

Whether this color has another notation with the letter of “沈香茶” is written, details are unknown.

-read:Tonocha-

注意事項

表示されている色(RGB値)は色の名前に対するおおよそものです。色名によっては広範囲の色を指す場合や文献・書籍等によっては解釈が異なる場合もありますのでご了承ください。 ご利用の環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。

印刷などに伝統色を利用したい場合は、DICグラフィックス株式会社から発売されている日本の伝統色シリーズがオススメです。

DIC 日本の伝統色 第8版

Post navigation

この伝統色名が気に入ったらシェアをお願いします

この記事のタイトルとURLをコピーする

「殿茶」関連の商品

楽天市場での商品検索結果1件ご紹介します。

着物の買い替えをお考えなら、まずは高く売りましょう!着物の高価買取店情報


参考にしている書籍

▲ページの先頭へ戻る