柑子色/Kouji-iro/#FF5234/

柑子色Kouji-iro

色の名前Japan Color Name柑子色(こうじいろ)
ローマ字RomanizedKouji-iro
RGB R:255 G:082 B:052
CMYK C:07 M:68 Y:80 K:00
Web カラーHex triplet#FF5234

色の説明

柑子色(こうじいろ)とは、蜜柑色をやや薄くしたような明るい黄赤色のことです。柑子はミカンの一種でコウジミカンの略。じつは色名としては蜜柑色よりも古い伝統色名で、アカネ科クチナシとキク科ベニバナなどを合わせて染めたと伝えられています。「カンジ」とも読みます。
古くから衣の色として愛好されており、文学作品にもしばしば書かれています。

-読み:こうじいろ-

関連色:蜜柑色

「五月待つ花橘の香をかげば昔の人の袖の香ぞする」

『古今和歌集』紀貫之、他。延喜五年(九◯五)頃。

[Explanation of a color]

The Koji-iro, it is a bright yellow-red, such as thinly slightly Mikan-iro. Koji stands for Koujimikan a type of mandarin orange. In fact, it has been reported to the traditional color name older than Mikan’-iro as a color name, and dyed to match the Asteraceae such as safflower and gardenia Rubiaceae. I read as “Kanji”

-read:Kouji-iro-

柑子色

注意事項

表示されている色(RGB値)は色の名前に対するおおよそものです。色名によっては広範囲の色を指す場合や文献・書籍等によっては解釈が異なる場合もありますのでご了承ください。 ご利用の環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。

印刷などに伝統色を利用したい場合は、DICグラフィックス株式会社から発売されている日本の伝統色シリーズがオススメです。

DIC 日本の伝統色 第8版

Post navigation

タグ:古代の色果実の色

この伝統色名が気に入ったらシェアをお願いします

「柑子色」関連の商品

楽天市場での商品検索結果8件ご紹介します。

着物の買い替えをお考えなら、着物の高価買取店情報でご確認ください。


参考にしている書籍

▲ページの先頭へ戻る