若葉色/Wakaba-iro/#A4CA68/

若葉色Wakaba-iro

色の名前Japan Color Name 若葉色(わかばいろ)
ローマ字Romanized Wakaba-iro
RGB R:164 G:202 B:104
CMYK C:40 M:00 Y:70 K:05
Web カラーHex triplet

色の説明

若葉色(わかばいろ)とは、夏前の草木の若葉のようなやわらかい黄緑色のことです。 「若葉」といえば春のイメージがありますが、季語としては夏。春の色である『若菜色 わかないろ』より少し青みが強い色で、夏前の爽やかな木々の葉を表す範囲の広い色になります。

ちなみに、若葉色は明治以降の近代になって登場した色で、古くからの伝統色でいえば『苗色 なえいろ』がもっとも近い色といえるでしょう。

他にも「若」がつく色には『若草色 わかくさいろ』『若苗色 わかなえいろ』『若竹色 わかたけいろ』『若芽色 わかめいろ』などがあり、ほとんどが新緑の草花に由来しています。

若葉


-読み:わかばいろ-

関連する色の紹介

若がつく色の紹介

[Explanation of a color]

The Wakaba-iro, is a soft yellow-green, such as the young leaves of the summer before the vegetation. Speaking of “Wakaba” There is a spring of the image, but the summer as a season word. It is the spring of color “Wakana-iro” a little with a strong color blue than, will be a wide color range of which represents a leaf of fresh trees before summer.

By the way, Wakaba-iro is not a traditional color of old, has appeared in the later Meiji modernization.

Besides the color to get the “Waka” has such as “Wakakusa-iro” “Wakanae-iro” “Wakatake-iro” “Wakame-iro”, it comes from most of the fresh green of flowers.

-read: Wakaba-iro-

注意事項

表示されている色(RGB値)は色の名前に対するおおよそものです。色名によっては広範囲の色を指す場合や文献・書籍等によっては解釈が異なる場合もありますのでご了承ください。 ご利用の環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。

印刷などに伝統色を利用したい場合は、DICグラフィックス株式会社から発売されている日本の伝統色シリーズがオススメです。

DIC 日本の伝統色 第8版

Post navigation

タグ:植物の色近代の色

この伝統色名が気に入ったらシェアをお願いします

この記事のタイトルとURLをコピーする

「若葉色」関連の商品

楽天市場での商品検索結果8件ご紹介します。

着物の買い替えをお考えなら、まずは高く売りましょう!着物の高価買取店情報


参考にしている書籍

▲ページの先頭へ戻る