藤紫/Fujimurasaki/#8F82BC/

藤紫Fujimurasaki

色の名前Japan Color Name藤紫(ふじむらさき)
ローマ字RomanizedFujimurasaki
RGB R:143 G:130 B:188
CMYK C:50 M:50 Y:00 K:00
Web カラーHex triplet

色の説明

藤紫(ふじむらさき)とは、藤の花のような明るい青紫色のことです。平安の頃より女性に人気の高い『藤色』と、高貴な色の象徴である『』を組み合わせた色名で、藤色よりも紫みが強い色になります。
藤紫が染め色として登場するのは江戸時代後期ですが、明治期の文学作品や美人画などに数多く見られることから、明治文化を代表する色名の一つといわれています。

-読み:ふじむらさき-

「水に映る藤紫に鯉緋なり」

『漱石俳句』夏目漱石作。

藤に関連する色の紹介

関連する色の紹介

[Explanation of a color]

The Fujimurasaki, it is a bright blue-violet such as wisteria. A highly popular among women than time of peace “Fuji-iro”, in the color name that is a combination of “Murasaki”, which is a symbol of noble color, purple body will become stronger color than mauve.
To appear as Someiro is the late Edo period or later, from the fact that many can be seen in such Meiji era of literary works and beautiful images, it is said to be one of the color name to represent the Meiji culture.

-read: Fujimurasaki-

注意事項

表示されている色(RGB値)は色の名前に対するおおよそものです。色名によっては広範囲の色を指す場合や文献・書籍等によっては解釈が異なる場合もありますのでご了承ください。 ご利用の環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。

印刷などに伝統色を利用したい場合は、DICグラフィックス株式会社から発売されている日本の伝統色シリーズがオススメです。

DIC 日本の伝統色 第8版

Post navigation

タグ:明治の色江戸の色着物の色

この伝統色名が気に入ったらシェアをお願いします

この記事のタイトルとURLをコピーする

「藤紫」関連の商品

楽天市場での商品検索結果8件ご紹介します。

着物の買い替えをお考えなら、まずは高く売りましょう!着物の高価買取店情報


参考にしている書籍

▲ページの先頭へ戻る