淡紅藤/Usubenifuji/#E9C3DC/

淡紅藤Usubenifuji

色の名前Japan Color Name淡紅藤(うすべにふじ)
ローマ字RomanizedUsubenifuji
RGB R:233 G:195 B:220
CMYK C:08 M:30 Y:00 K:00
Web カラーHex triplet

色の説明

淡紅藤(うすべにふじ)とは、やや赤みをふくんだ薄い紫色のことです。 江戸時代後期に流行した『紅藤色 べにふじいろ』の派生色。『薄紅藤 うすべにふじ』と表記される場合もあります。

和装の色としては『紅藤』は若向きの色とされており、『淡紅藤』もまた、ほんのり紅みの慎ましやかな色合いが若い女性に人気の色でした。ちなみに『紅藤』も元は『藤色 ふじいろ』の派生色です。

江戸後期はたびたび施行された奢侈禁止令 しゃしきんしれいで派手な色が禁止されたこともあり、このような薄い色や鼠色・茶色系の色が数多く生まれました。同じ藤色系では『淡藤色 うすふじいろ』や『薄藤色 うすふじいろ』もこの頃に生まれた色です。

-読み:うすべにふじ-

藤に関連する色の紹介

関連する色の紹介

[Explanation of a color]

The Usubenifuji, is a thin purple that somewhat containing the redness. Edo era was popular in the late derived color of the “Benifuji-rio”.

As the color of the kimono “Benifuji” are the color of the Wakamuki, “Usubenifuji” is also red Mino thinly transience ephemeral shades was the popularity of color in young women. By the way, the “Benifuji” Momo is derived color of the “Fuji-iro”.

The late Edo period is also often be flashy colors for the enforcement has been luxury ban is prohibited, the color of such a thin color and gray-brown system was born many. Same Fuji-iro system of “Usufuji-iro” is also a color that was born around this time.

-read: Usubenifuji-

注意事項

表示されている色(RGB値)は色の名前に対するおおよそものです。色名によっては広範囲の色を指す場合や文献・書籍等によっては解釈が異なる場合もありますのでご了承ください。 ご利用の環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。

印刷などに伝統色を利用したい場合は、DICグラフィックス株式会社から発売されている日本の伝統色シリーズがオススメです。

DIC 日本の伝統色 第8版

Post navigation

タグ:江戸の色着物の色

この伝統色名が気に入ったらシェアをお願いします

この記事のタイトルとURLをコピーする

「淡紅藤」関連の商品

楽天市場での商品検索結果7件ご紹介します。

着物の買い替えをお考えなら、まずは高く売りましょう!着物の高価買取店情報


参考にしている書籍

▲ページの先頭へ戻る